ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 荷物一時預かりecbo、Amazonと業務提携

荷物一時預かりecbo、Amazonと業務提携

投稿日 : 2019.09.18

東京都

ホテル関連ニュース

ecboは、アマゾンジャパンと業務提携し、ecboの宅配物受け取りサービス「ecbo pickup」加盟店が、Amazon社の新サービス「Amazon Hub カウンター」の受け取り場所となる。これにより、Amazonで購入した商品を受け取ることが可能となる。まずは渋谷エリアを中心に展開をする。

物流のラストワンマイルの課題解決へ

出典:ecbo

ecboは、2017年1月より荷物一時預かりシェアリングサービスecbo cloak(エクボクローク)を運営。現在全国47都道府県1,000以上、50業種以上の店舗・施設の遊休スペースを活用し、事前予約による荷物預かりを実施している。

「ecbo pickup」は、カフェや美容室、カラオケ店、神社など50業種以上ある既存のecbo cloak(エクボクローク)の一部荷物預かり店舗で宅配物の受け取りができる新たなサービス。

同提携により、Amazon利用者に、Amazonで購入した商品を受け取れる場所として、新たな選択肢を提供することができるようになるという。まずは渋谷エリアを中心に順次展開を進める。

ecboは、Amazon Hub カウンター初の提携企業として、受け取り場所を提供することで、Amazon社と協力し、物流のラストワンマイル課題を解決していきたい考え。

【合わせて読みたい】

荷物預かりecbo cloak、ファーストキャビン12施設導入

ecboが目指す「モノの所有を自由に。」するサービスとは

荷物預かりサービスecbo cloak、松坂屋静岡店で荷物預かり

ecboが大津市、JR西日本と連携、大津市内の手ぶら観光推進

関連記事