ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ダイヤモンド・プリンセス」元乗客への宿泊施設の適切な対応呼びかけ

「ダイヤモンド・プリンセス」元乗客への宿泊施設の適切な対応呼びかけ

投稿日 : 2020.02.20

神奈川県

ホテル関連ニュース

日本旅館協会は、「ダイヤモンド・プリンセス」を下船した乗客が宿泊施設を利用しようとする場合、同船の乗客であったことを理由として宿泊を拒んではならないこと等の適切な対応をするよう宿泊施設に呼びかけている。

クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客は、感染が拡大することのないよう全員自室において待機し、健康観察の開始から14日目となる2月19日までの間、発熱・呼吸器症状等の症状がなく経過し、ウイルス検査で『陰性』であることが確認された乗客については、WHOにおいて健康観察の対象とすべき期間が14日間とされていること等を踏まえ、新型コロナウイルスに感染しているおそれはないことが明らかであることが厚生労働省より発表されている。

このため、日本旅館協会は下船した乗客が宿泊施設を利用しようとする場合、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客であったことを理由として宿泊を拒んではならないこととなるとして、この点十分留意するよう、呼びかけている。

また、厚労省はクルーズ船から搬出される荷物の安全性について、現在のところ、ウイルスが見つかった場所から積み出された物品との接触から人が新型コロナウイルスに感染したという疫学的情報はないとした。また、WHOも、一般的にコロナウイルスは、手紙や荷物のような物で長期間生き残ることができないとしている。

【合わせて読みたい】

日本旅館協会、新型コロナウイルス感染症対策に呼びかけ

観光庁が宿泊施設の新型コロナウイルス感染症対応に協力依頼

厚労省、雇用調整助成金の新型コロナウイルス関連特例を実施

厚労省、新型コロナウイルス感染症特別融資を実施

観光庁が感染拡大リスクに国内旅行の検討者に注意喚起

京都、新型コロナウイルス対応緊急資金融資

厚労省、宿泊施設における新型コロナウイルス感染症への対応

観光庁、新型コロナウイルスで宿泊事業者向け特別相談窓口

JNTO、外国人旅行者向けコールセンターで新型コロナウイルス問い合わせ対応

経産省、新型コロナウイルスに中小企業・小規模事業者支援の相談窓口

関連記事