ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > コートヤード・バイ・マリオット福井、2023年開業

コートヤード・バイ・マリオット福井、2023年開業

投稿日 : 2020.01.15

福井県

新規ホテル情報

マリオット・インターナショナルは、北陸地方初となるホテル、コートヤード・バイ・マリオット福井(252室)を福井県福井市に2023年に向けて開業予定であることを発表した。

新幹線が2023年に開通予定の福井駅徒歩圏内

27階建てビルの高層階に位置し、12室のスイートを含め約252室のゲストルームを擁するコートヤード・バイ・マリオット福井は、福井市の素晴らしい眺めを見下ろすことができる予定。

会議室やボールルーム、オールデイダイニング、日本食レストラン、ロビーラウンジを完備することが予定されており、ゲストに地元名物を提供し、カジュアルな雰囲気の中で過ごせるホテルとなるという。

コートヤード・バイ・マリオット福井は、主要な公共交通機関や観光名所付近に位置し、新たに開発され、住宅やレンタルスペース、オフィス施設などが集まる多目的利用ビルの一部となる予定。

ゲストは、福井城址、九十九橋や足羽川、養浩館庭園、足羽山遊園地、一乗谷朝倉氏遺跡などをはじめとした様々な有名観光名所の他、春の桜の眺め、福井が誇る越前かにまつりなど幅広い体験の数々を楽しめる。

同ホテルは、福井を各都市へとつなぐ新幹線が2023年に開通予定の福井駅から、徒歩圏内に建設される予定。また、ソウル、上海、台北、香港などの国際線、また、東京、札幌、仙台、福岡、那覇などへの国内線が離着陸する小松国際空港までは、福井市内から車で約45分でアクセスすることができる。

尚、同ホテルの開発と所有は株式会社ユアーズホテルフクイが担い、マリオット・インターナショナルが運営を受託する形となるという。

マリオット・インターナショナル アジア太平洋 開発最高責任者、ポール・フォスキー氏のコメントは以下の通り。

「この新たなコートヤード・バイ・マリオットとともに、日本における当社のポートフォリオを拡大することができ、喜ばしい限りです。日本では既に5軒のコートヤード・バイ・マリオットのホテルを展開していますが、歴史的名所や海と山に囲まれた美しい自然を持ち、素晴らしい食の地でもある福井がポートフォリオに加わることが待ち遠しいです」

福井県福井市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、福井市には宿泊施設が108、部屋数にして3,976室が提供されている。

新規開業予定としては他に共立メンテナンスが2023年10月に150室で開業を予定する。

【合わせて読みたい】

なぜ新幹線の通らない福井にホテル業界が注目するのか?

コートヤード・バイ・マリオット名古屋、2022年春開業

「コートヤード・バイ・マリオット 白馬」12月22日開業

積水ハウス、マリオット「Trip Base 道の駅プロジェクト」

関連記事