ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「BUNSHODO HOTEL」2020年6月19日、博多に開業

「BUNSHODO HOTEL」2020年6月19日、博多に開業

投稿日 : 2020.06.24

福岡県

新規ホテル情報

Local Design Holdings株式会社は、6月19日(金)、福岡市博多区博多駅前二丁目に本を通じて人と場所をつなぐホテル「BUNSHODO HOTEL(ブンショウドウ ホテル)」(26室)をオープンした。

出典:Local Design Holdings

同社は、福岡市を中心に宿泊施設の企画・運営・清掃などを行なっており、「BUNSHODO HOTEL」は福岡市内4店舗目の運営施設となる。

1階には”エスプレッソスタンドとギャラリー”「TAGSTÅ(タグスタ)」がプロデュースするカフェラウンジ、「TIMEZ ESPRESSO BAR & (タイムズ エスプレッソ バー アンド)」が同日オープンし、宿泊者以外の人も利用できる。

コンセプトは“Archive(アーカイブ)”。
ホテル名「BUNSHODO HOTEL」は、かつてこの地で営まれていた書店・「文照堂」に由来。同ホテルではその名を受け継ぎ、”本”と”居場所”をテーマに、歴史と人の想いを蓄積し、未来に伝えるホテルを目指すという。

客室は全26室(定員76名)を備え、ダブル(定員2名/12室)・ツイン(定員3名/4室)・フォー ス(定員4名/10室)の3タイプを提供。施設ロゴマークは、「文」の漢字と”Archive“より発想され、ひとつなぎの時間の流れ・上質な空間の流れを表現しているという。

出典:Local Design Holdings

【同ホテル 概要】

施設名称:BUNSHODO HOTEL(ブンショウドウ ホテル)
所在地:福岡市博多区博多駅前二丁目12番13号
アクセス:JR「博多駅」より徒歩約6分、福岡市営地下鉄「博多」駅より徒歩約5分
客室数:26室 (ダブル12室 ツイン4室 フォース10室)

メトロエンジンリサーチによると、福岡市博多区には宿泊施設が313、部屋数にして24,194室が提供されている。新規開業予定は12施設、部屋数にして2,562室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

博多グリーンホテル2号館が新型コロナ軽症者受け入れ

東横INN北九州空港が新型コロナ軽症者受け入れ

フォーブス、新ブランド「TenzaHotel」札幌・仙台・博多

「MUSUBI HOTEL MACHIYA MINOSHIMA 2,3」開業

福岡県ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

福岡県ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事