ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > フォーブス、新ブランド「TenzaHotel」札幌・仙台・博多

フォーブス、新ブランド「TenzaHotel」札幌・仙台・博多

投稿日 : 2020.03.04

北海道

宮城県

福岡県

新規ホテル情報

株式会社フォーブスは、レオパレスホテルズ(札幌・仙台・博多)の運営を引き継ぎ、2020年3月の仙台を皮切りに、新ブランド「TenzaHotel」ホテルを順次オープンする。

新ブランド「TenzaHotel」のコンセプトは、テンザには「天」に「座」す、という意味が込められているという。

心を込めた最上のおもてなしの中に、いつもと変わらぬ居心地の良さを、札幌、仙台、博多という日本の観光名所から一人ひとりの旅路を癒す、洗練された宿泊体験を届けるのこと。

テンザホテル・仙台ステーション

出典:フォーブス

杜の都・仙台の街並みをイメージした開放感あふれる吹き抜けのフロントロビーが顧客を迎える。白を基調とした清潔感ある客室は、さわやかなグリーンやイエローなどの色のメリハリが際立ち、ナチュラルな木目を配した優しく心地よい空間に。

大きなガラス窓が印象的な明るいレストラン、宴会や会議・展示会などに最適なイベントホールなど付帯施設も充実し、スポーツ団体やビジネス需要にも応えるという。

【同ホテル 概要】

所在地:宮城県仙台市宮城野区榴岡4丁目6-28

アクセス: 地下鉄東西線「宮城野通駅」南1出口より徒歩1分、JR「仙台駅」東口より徒歩5分

客室数:114 室

付帯施設:レストラン、イベントホール・カンファレンスルーム、駐車場

開業予定日:2020年3月23日(月)

メトロエンジンリサーチによると、仙台市宮城野区には宿泊施設が27施設、 2,434室が提供されている。

テンザホテル&スカイスパ・札幌セントラル

出典:フォーブス

札幌の中心に位置する絶好のロケーション。北海道の四季をテーマにしたデザインが魅力のホテル。

夏はビアガーデン、冬は雪まつりで賑わう大通公園や繁華街「すすきの」まで徒歩圏内という絶好のロケーション。

【同ホテル 概要】

所在地:北海道札幌市中央区南2条西8丁目6-1

アクセス:地下鉄南北線「大通駅」1番出口より徒歩8分、JR「札幌駅」よりタクシーで約7分、空港連絡バス「札幌ビューホテル大通公園」バス停より徒歩5分

客室数:195室(本館86室・新館109室)

付帯施設:大浴場・サウナ、レストラン、イベントホール・カンファレンスルーム、駐車場

開業予定日:2020 年4月20日(月)

メトロエンジンリサーチによると、札幌市中央区には宿泊施設が204、部屋数にして25,591室が提供されている。

テンザホテル・博多ステーション

出典:フォーブス

スタイリッシュで洗練されたデザインのホテル。大きなガラスウォールが特徴の外観は街のシンボルになるという。全館で磁気イオン水を使用し、すべての客室に加湿機能付き空気清浄機を設置。自然光がたっぷり入るよう大きなガラス窓で、快適性だけでなく健康にもこだわる。

【同ホテル 概要】

所在地:福岡県福岡市博多区博多駅東2丁目5-33

アクセス:JR「博多駅」筑紫口より徒歩3分、九州自動車道福岡I・C下車「博多駅東出口」より車で約3分

客室数:120室

付帯施設:レストラン、イベントホール・カンファレンスルーム、駐車場

開業予定日:2020年秋ごろ

メトロエンジンリサーチによると、福岡市博多区には宿泊施設が313、部屋数にして24,194室が提供されている。

【合わせて読みたい】

「ホテルウィング札幌すすきの」2020年1月16日開業

ホテルウィングセレクト博多駅前に新棟「NorthWing」2020年3月10日開業

「ホテルウィングインターナショナル新橋御成門」2019年10月1日開業

関連記事