ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「BON Condo Namba Nipponbashi」2019年12月11日開業

「BON Condo Namba Nipponbashi」2019年12月11日開業

投稿日 : 2019.12.12

大阪府

バケーションレンタル

レジデンシャルホテルなどの運営事業を展開する株式会社REAH Technologies(リアテク)は、2019年12月11日(水)、大阪市中央区にて、特区民泊制度を活用したレジデンシャルホテル仕様の宿泊施設「BON Condo Namba Nipponbashi」を新規オープンした。

パナソニック製家電を使用できるレジデンシャル施設

大阪市の特区民泊制度を利用した同施設は、パナソニック ホームズグループがオーナーから土地・建物を一括借り上げの上、宿泊事業者へ転貸する独自の事業スキーム「インバウンド・リンクシステム(R)」を採用し、安定経営を提案。また、将来的には賃貸マンションへの転用を可能とする設計にしており、需要変動のリスクにも対応しているという。

全54室で、すべてグループや家族連れでも利用しやすい最大定員5名の客室。

冷蔵庫・TVなどの大型家電から電気ケトル・ヘアドライヤーに至るまで、パナソニック製の家電を用意。また、足用マッサージャーやナノケアシリーズといったパナソニック製の最新家電を設置したコンセプトルームを6室設ける他、宿泊する全ての顧客に身も心も癒やせるよう、1階ロビーにこれらの体験コーナーを設置。全てのパナソニック製家電は無料で利用できる。

また、無人対応のチェックイン機や物理キー不要のスマートロックの設置、キッチンの設置などにより、安心・快適で新しい形の滞在を提供するという。

【同施設 概要】
所在地:大阪府大阪市中央区日本橋1丁目8−17
アクセス:日本橋駅 徒歩2分
客室数:54室
定員:270名
宿泊料金:1室1万5千円~(税・サ込)
※時期によって料金は変動。
マスターリース:パナソニック ホームズ不動産株式会社
企画・運営:株式会社REAH Technologies

大阪府大阪市中央区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市中央区には宿泊施設が398、部屋数にして37,201室が提供されている。

新規開業予定は29施設、部屋数にして6,272室が新たに供給される見込み。

また、同区内には民泊物件が3,561確認された。

【合わせて読みたい】

「BON Condo Umeda North」2019年12月1日開業

リアテクとOsaka Metroが特区民泊施設、大阪市浪速区に2021年2月開業

大阪府ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

大阪府ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事