ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > リアテクとOsaka Metroが特区民泊施設、大阪市浪速区に2021年2月開業

リアテクとOsaka Metroが特区民泊施設、大阪市浪速区に2021年2月開業

投稿日 : 2019.11.29

大阪府

バケーションレンタル

レジデンシャルホテルなどの運営事業を展開する株式会社REAH Technologies(リアテク)は、2021年2月を目標に、大阪市浪速区にて、全72室の特区民泊制度を活用したレジデンシャルホテル仕様の宿泊施設を新規オープンする。

Osaka Metroと連携したサービス展開

同施設は、大阪市高速電気軌道株式会社(Osaka Metro)が土地・建物を所有し、同社は、開業に至るまでの市場調査および事業性検証、施設コンセプトワークなどを行い、開業後はOsaka Metroからの委託を受け、集客・運営管理を一括で行う。

同社は、Osaka Metroと共に、良質な民泊を提供することにより、今後増加が見込まれるインバウンドや国内旅行者の多様な宿泊ニーズに応え、大阪のさらなる活性化に寄与することを目指し、同施設の企画・運営を担当。

同施設は、Osaka Metro堺筋線の恵美須町駅より徒歩4分の場所にオープン。恵美須町駅は、大阪のランドマークである通天閣が徒歩圏内にあり、また、アニメ専門店の集まる日本橋も徒歩すぐと、気軽に大阪観光に繰り出すことのできる立地。

さらに関西国際空港からのアクセスも良く、国内外から大阪に来訪する顧客が利用しやすい環境にある。

施設は全72室で、ファミリーやグループなどで大阪に宿泊する人が利用しやすい客室とすることを予定しているという。

また、顧客が大阪という街をより楽しめるよう、Osaka Metroと連携したサービスの展開を検討しているとのこと。

また、無人対応のチェックイン機や物理キー不要のスマートロックの設置などにより、安心・快適で新しい形の滞在を提供する。

【同物件 概要】
開業:2021年2月ごろ
所在地:大阪市浪速区日本橋東3丁目
最寄駅:Osaka Metro 堺筋線恵美須町駅 徒歩4分
客室数:72室
定員:266名(予定)
所有者:大阪市高速電気軌道株式会社
企画・運営:株式会社REAH Technologies

株式会社REAH Technologiesは、2018年11月1日付けで株式会社百戦錬磨の施設運営事業が分社化、独立したもの。

大阪市浪速区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、浪速区には宿泊施設が173、部屋数にして8,286室が提供されている。新規開業予定は18施設、部屋数にして2,575室が新たに供給される見込み。

新規開業予定マップは以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同区内には民泊物件も多く展開しており、2,348が確認された。

【合わせて読みたい】

「シタディーンなんば大阪」2020年1月18日開業

国内初!eスポーツ特化型ホテルが大阪日本橋に誕生

リーガル不動産、難波駅周辺に家族向け民泊専用マンション

大阪府ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

大阪府ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事