ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「&AND HOSTEL HOMMACHI EAST」本日8月2日開業

「&AND HOSTEL HOMMACHI EAST」本日8月2日開業

投稿日 : 2019.08.02

大阪府

新規ホテル情報

and factoryは、IoT体験型宿泊施設であるスマートホステル「&AND HOSTEL」の9号店「&AND HOSTEL HOMMACHI EAST」(大阪市中央区)を2019年8月2日に開業した。

関西旗艦店として、ラグジュアリー近未来IoTルーム展開

出典:and factory

「&AND HOSTEL」は様々なIoTデバイスを1ヶ所に集結させ、近未来のIoT空間が楽しめる体験型宿泊施設。

これまでは東京都内を中心に展開してきたが、さらなる事業拡大を目指し、今後訪日ニーズが見込まれるエリアへの出店を加速させる方針。2025年の大阪万博開催が決定し、その経済効果は2兆円とも試算される関西エリアは特に注力予定で、この度、関西旗艦店としてブランド9店舗目となる「&AND HOSTEL HOMMACHI EAST」を出店した。

「&AND HOSTEL」では、IoTルームに泊まる顧客に対し、チェックイン時に鍵ではなく専用のスマートフォンを貸出す。独自に開発したIoTプラットフォームアプリ「&IoT」を用いて、ドアキーの開錠施錠はもちろん、テレビやエアコンなど居室内の様々な家電の操作が可能。

出典:and factory

「Wake up!」「Sleep​」「I’m home!」「Go out!」「Concentrate」「Relax」の6シーンにおいて、居室内のIoTデバイスが作動し利用シーンに応じた快適環境が瞬時に整う。例えば「Wake up!」モードでは、カーテン、スマートスピーカー、照明、テレビ、空気清浄機の5デバイスが一斉に起動し、起床に適した環境を整う。今後は他の体験シーン開発を進めていくという。

また、センシング技術やクラウドデータとの連携により、天候、防災情報の通知や、ラウンジの混雑状況、洗濯機の使用状況などリアルタイムな情報を届ける。

これらのIoT体験は、専用スマートフォンとスマートスピーカーのいずれからも操作でき、ゲストの状況に応じてインターフェイスを選べることも、&AND HOSTELのIoT体験の特徴。

出典:and factory

大阪市中央区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市中央区には宿泊施設が370、部屋数にして34,250室が提供されている。

新規開業予定は31施設、部屋数にして5,480室が新たに供給される見込み。

【合わせて読みたい】

テクノロジーで宿泊業界を変える「and factory」の戦略とは

「ホテルロイヤルクラシック大阪」2019年12月1日開業

「THE STAY OSAKA心斎橋」2019年6月17日開業

「ホテルWBFなんばBUNRAKU」2019年7月1日開業

グローバルエージェンツ「THE LIVELY大阪本町」2019年8月開業

アイピーシティホテル大阪内「TKPガーデンシティ心斎橋南船場」2019年6月1日開業

大阪府ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事