ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ANA、成田=ロシア・ウラジオストク線新規開設

ANA、成田=ロシア・ウラジオストク線新規開設

投稿日 : 2019.07.31

海外

ホテル関連ニュース

ANAは、2020年3月より、成田=ロシア・ウラジオストク線を新規開設、就航に向けて最終調整を行っているという。成田=ウラジオストク線に関してはJALが、2020年度夏期ダイヤより運航予定を発表しており、ANAはそれに先んじることを狙う。

ウラジオストクは、ANAとして世界では47番目の就航都市となる。2018-2022年度ANAグループ中期経営戦略に基づき、未就航エリアへの路線拡大を図り、国際線事業を柱に成長戦略を遂行。

日本とロシアはさまざまな面で経済協力が進み、今後ますますヒト・モノの交流拡大、ビジネス需要の大きな伸びが期待されている。ANAは、これまでもロシア観光当局に積極的に働きかけるなど、路線就航に向けた調整を続けてきた。

ウラジオストクは、ユーラシアと太平洋とを結ぶゲートウェイであり、日本から約2時間半でいける一番近い「ヨーロッパ」。古き良き時代の雰囲気が今なお残り、観光地としても高い注目を集めている。

就航日、ダイヤ、使用機材などの詳細については、調整中という。

今般、訪日ロシア人が激増しており、JAL、ANA両社の成田=ウランバートル線の新規就航が相次ぎ発表、顧客争奪が激化しそうだ。

【合わせて読みたい】

JAL、成田=ウラジオストク線を開設

2017年訪日客伸び率トップ―訪日ロシア人激増の背景、特徴、展望とは

日露「観光分野、2020-23年の共同活動プログラム」

JNTO、2018年7月訪日客数、前年同月比5.6%増の283万2千人

関連記事