ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 万里の長城がエアビーに公開、抽選4組限定特別企画

万里の長城がエアビーに公開、抽選4組限定特別企画

投稿日 : 2018.08.06

海外

バケーションレンタル

Airbnbが万里の長城を史上初めて宿泊施設として公開する。万里の長城にカスタムデザインの家を用意し、抽選で4組を9月の宿泊利用に招待する特別企画。長城の修復保存運動と、中国文化を今に伝える幅広い活動に光を当て、万里の長城の知られざる一面を世界に広め、サスティナブルな旅を中国全土に促進する狙い。

出典:Airbnb Japan

Airbnb共同創業者でありAirbnb China会長であるネイサン・ブレチャージクは次のように語っている。
「北京市内の歴史の専門家ならびに修復保存の諸団体と一緒に、このような一生に一度の体験を世界にお届けする機会に恵まれ、とても光栄に存じます。人と人を隔てる壁から、人と人をつなぐ壁に変容を遂げた、奇跡のランドマーク。そこに光を当てる遠大な構想です。現地のみなさまのお力添えがなければとても実現できなかったと思います。感謝の気持ちでいっぱいです。」
万里の長城に天高く聳える古い望楼の中にモダンなベッドルームを用意。窓外には360度のパノラマが広がり、夜は満天の星空と美しい月が見晴らせる。夕暮れどきには、中国料理のフルコースディナーと中国の伝統音楽の生演奏も同時に楽しむことができる。
また、万里の長城の公式歴史研究家の案内で長城にまつわる言い伝えや歴史、修復事業についても学べる。

2008年の創業以来、Airbnbの宿泊施設を利用する中国人旅行者の数は、全世界で延べ1000万人にのぼり、そのおよそ過半数が過去1年間の利用となるなど、Airbnbはいま中国国内で大変な勢いで伸びている。中国国内の宿泊施設の登録も前年比で125%増加しており、ここわずか1年の間に中国国内の宿泊利用は330万人を超えた。このような人気を背景に、「誰もがどこにでも居場所がある世界を創り出す」というAirbnbのビジョンの延長線として、今回は中国を代表する人類最長・最大の構造物に家を用意することにしたという。

詳細は、Airbnbの「万里の長城」のキャンペーン特設ページhttps://ja.airbnb.com/night-at/thegreatwall
応募は、北京現地時間2018年8月11日午後11:59必着で、当選者には全世界からのペア往復航空券もプレゼントされる。

万里の長城は世界遺産ながら損傷が激しく、その補修工事にもコンクリートで平らにするなどのやり方に批判が集まっている。
この度の取り組みが中国におけるサステイナブルな旅の促進としてどのような成果を産むのか注目される。

(編集部注、→同発表後、開催中止に

【関連記事】
無印良品が中国でホテル展開「MUJIHOTEL BEIJING」6月30日開業ー日本へ逆輸入、来春銀座での開業も
IHGが中国でAIによる「スマート・ルーム」の提供を開始ー中国の百度との提携で
マリオットが「顔認証チェックイン」を中国で導入

関連記事