ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

福島県

  • JR東⽇本とシートリップが東北・東⽇本エリアへの誘客で戦略的提携

    JR東日本と中国最⼤規模のオンライン旅⾏会社であるCtripは、このたび、東北をはじめとした東⽇本エリアへの、訪⽇外国⼈旅⾏者の誘客に向けた「戦略的提携」を⾏うことについて合意した。

  • 第2回相馬復興サイクリング 2019年5月26日(日)開催

    東日本大震災の津波と原発事故で大きな被害を受けた相馬地方の4市町村(相馬市、飯舘村、南相馬市、新地町)を通るコースをめぐる第2回相馬復興サイクリングが5月26日(日)に開催、4月5日エントリーを開始する。同地方のホテル展開状況と合わせてお送りする。

  • 磐梯山温泉ホテル、会津の祭り体験「あいばせ!踊らんしょ」

    星野リゾート磐梯山温泉ホテルでは、4月2日より、会津の祭りを体験できるイベント「あいばせ!踊らんしょ」を毎晩開催。 「あいばせ、踊らんしょ」とは会津方言で「一緒に踊りに行きましょう」の意。会津で親しまれている民謡「会津磐梯山(あいづばんだいさん)」を一同が円になって踊る。

  • 磐梯山温泉ホテル、会津の花見イベント「赤べこ花見」

    「星野リゾート 磐梯山温泉ホテル」では、2019年4月2日~5月6日の期間、会津の郷土玩具「赤べこ」と「桜」をテーマにしたイベント「赤べこ花見」を開催。期間中は、桜色の赤べこを2,000体飾り、桜の木に見立てた「赤べこ桜」の下で花見を楽しめる。

  • ハワイアンズ、宿泊施設「ウイルポート」全面改装

    常磐興産株式会社(本社:福島県いわき市)が運営するスパリゾートハワイアンズは、同社の宿泊施設「ウイルポート」を2月8日(金)にリニューアルオープンする。

  • JNTO、福島県が挑むデジタルマーケティング

    福島県

    インバウンド

    投稿 : 2018.12.18

    JNTOでは、地域における訪日プロモーションの質の向上につながるさまざまな情報を共有することを目的に、地域における訪日インバウンドプロモーションの取り組み事例を調査。地域インバウンド促進サイトにおいて、「デジタルマーケティングで訪日客を呼び戻せ!」福島県の挑戦を公開した。

  • ハワイアンズ「バウ・リニューアル」プラン、第2四半期決算

    常磐興産が運営する福島県いわき市のスパリゾートハワイアンズは、コンセプトの「絆リゾート」の取り組みとして「バウ・リニューアル宿泊プラン」の販売をスタート。日頃の感謝の気持ちをセレモニーにする1日1組限定スペシャルプラン。同社の2019年3月期第2四半期決算情報と合わせてお送りする。

  • ドローンを用いた荷物配送、実用化進む

    日本郵便は、ドローンを用いた郵便局間輸送を11月7日、小高郵便局(福島県南相馬市)~浪江郵便局(福島県双葉郡浪江町)間で開始。環境省は、国土交通省と連携してドローンによる荷物配送モデルの早期実用化に向け、郵便局間配送をドローンで行う検証実験を全国で実施している。

  • 飯坂ホテル聚楽、国登録有形文化財を11月10日(土)一般公開

    福島県福島市の「飯坂ホテル聚楽」では、11月10日(土)の1日限定で、 敷地内に所有する国の登録文化財、旧花水館の「奥の間」と「茶室坐忘庵」の内部を初めて一般公開する。花水館は昭和天皇をはじめ皇族の宿泊どころとして名をはせた歴史ある老舗旅館。見学無料、宿泊者以外も可能。

  • 東京・北海道・東北「中国広域連携商談会」開催

    東京観光財団(TCVB)は、国土交通省東北運輸局、北海道、岩手県、宮城県、福島県、東京都などと連携し、広域連携商談会事業を中国の北京(10月25日)及び上海(10月26日)にて開催、参加者を募集する。観光セミナーや現地有力旅行会社等との商談会が催される。