ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 横浜市、2018年の観光集客、宿泊客増加も消費額は減少

横浜市、2018年の観光集客、宿泊客増加も消費額は減少

投稿日 : 2019.05.16

神奈川県

ホテル統計データ

横浜市は平成30年(1月~12月)の横浜市の観光集客実人員と観光消費額について、「平成30年度横浜市観光動態消費動向調査」を基に推計した結果、観光集客実人員 3,420万人、観光消費額 3,633億円となった。

出典:横浜市

観光集客実人員は、合計で3,420万人で前年に比べて5.8%(△211万人)減少となった。他方で宿泊客については524万人で前年に比べて13.5%(62万人)増加した。

他方で観光消費額については、合計で3,633億円となり、前年に比べて2.1%(75億円)増加となったが、宿泊消費額については1,350億円で、前年に比べて13.9%(△217億円)の大幅な減少となった。

合計の観光集客人数は減少し、観光消費額では増加を示したのに対して、宿泊に関しては宿泊客の人数が増加したのに対して、宿泊消費額は減少するという逆の結果を示した。

【合わせて読みたい】

2017年神奈川県入込観光客数、初の2億人の大台へ

神奈川県ホテル展開状況(2019年1月現在)

神奈川県ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

関連記事