ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 神奈川県ホテル展開状況(2019年1月現在)

神奈川県ホテル展開状況(2019年1月現在)

投稿日 : 2019.01.04

神奈川県

ホテル統計データ

2019年1月初め時点の神奈川県のホテル展開状況(県内自治体ごとの施設展開数、客室数、2018年における増減数など)をお伝えする。

2018年は微増、注目は2019年秋の巨大アパホテルの横浜開業

メトロエンジンリサーチによると、2019年1月初め現在、神奈川県には宿泊施設が1,143、部屋数にして51,181が提供されている。

2018年1月初め時点では、宿泊施設が1,108であり、施設数にして35が新たに開業、3.2%の増加となった。また、部屋数では2018年1月初め時点で、49,570室であり、1,611室が1年間で新たに供給され、3.2%増加した。

2018年大きな変動がなかった神奈川県だが、2019年は9月20日にアパホテルが日本最大規模、2,311室・地上35階建の巨大ホテル「アパホテル&リゾート<横浜ベイタワー>」を横浜市中区に開業を予定しており、全国的な注目を集める。

県内各自治体の部屋数、施設数は以下の通り。

(1−10位)

(11−20位)

(21ー25位)

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

【ホテル開発ランキング】神奈川エリア新規ホテル開発ランキング

京都府ホテル展開状況(2019年1月現在)

大阪府ホテル展開状況(2019年1月現在)

東京23区ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事