ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ヨドバシ梅田タワー、ホテル名称「Hotel Hankyu RESPIRE」に決定

ヨドバシ梅田タワー、ホテル名称「Hotel Hankyu RESPIRE」に決定

投稿日 : 2019.03.20

大阪府

新規ホテル情報

阪急阪神ホテルズは、株式会社ヨドバシホールディングスが開発する(仮称)ヨドバシ梅田タワーに出店を予定する新ホテルの名称を決定。新宿泊主体型ホテルブランド「Hotel Hankyu RESPIRE」。1号店となる新ホテルの名称は「Hotel Hankyu RESPIRE OSAKA(ホテル阪急レスパイア大阪)」。

新宿泊主体型ホテルブランド「Hotel Hankyu RESPIRE」

出典:阪急阪神ホテルズ

同ホテルは大阪・関西万博の開催も決定し、国際観光都市として更なる成長が期待される大阪の地において、2019年11月の開業を目指す。
これは当初2020年初春の開業予定としていたが、計画が順調に進捗していることから、2019年11月の開業へと予定を早めるもの。

出典:阪急阪神ホテルズ

扇型のシンボルは顧客の幅広いニーズに柔軟性をもって対応するホテルであることを意味。また、シンボルマークの左側には「RESPIRE」の頭文字である「R」を隠し文字によって表現している。

「Hotel Hankyu RESPIRE」の1号店となる「Hotel Hankyu RESPIRE OSAKA」は、大阪・梅田の中心地に位置しながらも、都会の喧噪とは無縁なつくりとし、ストレスフリーなおもてなしを提供。また、「日本の魅力」「大阪らしさ」を楽しんでもえらえるような仕掛けを館内随所に施すという。

【同ホテル 概要】

所在地:大阪市北区大深町1-1
客室数:1,032室(予定)、ダブル414室、ツイン399室、トリプル171室、フォース48室
開業:2019年11月
附帯施設:宴会場1室 レストラン1店舗
フィットネス(宿泊者無料)

出典:阪急阪神ホテルズ

大阪市北区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市北区には宿泊施設が135、部屋数にして17,709室が提供されている。

新規開業予定は16施設、部屋数にして3,586室新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

同ホテルの1,032室は現在トップのリーガロイヤルホテルに匹敵する規模となる。

【合わせて読みたい】

アパホテル、大阪で西日本最大規模のタワーホテル開発を発表

大阪ホテル開業ラッシュー大阪市北区で生き残る鍵とは

阪急阪神ホテルズ、大阪駅前に1,000室ホテル

関電グループ、大阪市北区曽根崎1丁目でホテル開発

コスモスイニシア「イビス大阪梅田」11月1日開業

関連記事