ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > コスモスイニシア「イビス大阪梅田」11月1日開業

コスモスイニシア「イビス大阪梅田」11月1日開業

投稿日 : 2018.09.03

大阪府

新規ホテル情報

大和ハウスグループのコスモスイニシアは、JR大阪梅田エリアで開発中のビジネスホテル「イビス大阪梅田」について、本日9月3日に開業日を11月1日(木)に決定した旨、発表した。新規開業で激化する大阪市北区のホテル開発だが、近年閉店するホテルも出始めた。

180903_ibis_oosakaumeda_01.jpg

出典:コスモスイニシア

イビス大阪梅田
コスモスイニシアでは、グループでの中長期滞在のニーズに対応する都市型アパートメントホテル「MIMARU」の開発を積極的に推進しているが、多様な不動産ソリューションによる価値提供をめざし、「ビジネスホテル」や「カプセルホテル」(『ナインアワーズ竹橋』(東京都千代田区、129室) )などの開発・販売にも取り組んでいる。
「イビス大阪梅田」は、世界最大級のホテルチェーンであるアコーホテルズ(本社:フランス・パリ)のエコノミーホテルブランド「ibis(イビス)」を誘致し、イビスブランドとしては国内初の新築出店となる。
大阪随一の繁華街である梅田地区の大阪市北区小松原町に所在し、御堂筋と新御堂筋とをつなぐ幹線街路沿いに立地。大阪駅・梅田駅にも徒歩圏内で、ホテル利用者にとって非常に利便性の高いロケーションとなる。

180903_ibis_oosakaumeda_02.jpg

出典:コスモスイニシア

<施設概要>

名称 イビス大阪梅田
事業主体 株式会社コスモスイニシア
運営会社 株式会社ホテルWマネジメント
所在地 大阪府大阪市北区小松原町1-5
交通 JR「大阪」駅徒歩4分、阪急電鉄「梅田」駅徒歩4分
施設 客室181室・レストラン
構造・規模 鉄骨造・地下2階地上14階建
敷地面積 574.73㎡
建築面積 428.90㎡
延床面積 4,812.35㎡
オープン 2018年11月1日(木)
ホームページ https://www.accorhotels.com/ja/hotel-A5U8-ibis-osaka-umeda/index.shtml

大阪市北区、新規開業の一方で閉店するホテルも
メトロエンジンリサーチによると、大阪市北区では激しい競争の中で閉店する店舗も出始めている。
近年閉店したホテルとしては、「サンメンバーズ大阪梅田」(68室、大阪府大阪市北区西天満4-15-18 プラザ梅新内)、「ホテルグリーンプラザ大阪」(122室、大阪府大阪市北区中崎西2-5-12)、「大阪 弥生会館」(78室、大阪府大阪市北区芝田2-4-53※跡地にJR西がハイクラス宿泊特化型ホテル開業予定)、「堂島ホテル」(76室、大阪府大阪市北区堂島浜2丁目1-31※建替えの上、新規開業予定)などがある。
新規開業が相次いでいる一方で、競争が激化しており、各社が生き残りをかけた戦略でしのぎを削っている。

【関連記事】
コスモスイニシアが中長期滞在ホテルを上野に展開
アコーホテルズが2018年後半に相次ぎ日本でホテル開業ー田町、浦安、大阪で
マリオットが『モクシー大阪新梅田』を2020年秋に開業ー日本3軒目
アパホテル〈東梅田 南森町駅前〉 5月9日開業ー大阪市北区ホテル出店状況
阪急阪神ホテルズ、大阪駅前に1,000室ホテル

関連記事