ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 世界72言語、対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100

世界72言語、対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100

投稿日 : 2019.07.04

指定なし

インバウンド

キングジムは、世界72言語を瞬時に翻訳し、ホテルや観光施設などの窓口業務で使用できる「ワールドスピーク」HYK100を2019年7月19日(金)より発売。2台1組で、1台の端末を交互に見せる必要がないため、ホテルのカウンターなどの接客業務で顔を合わせながら使用できる。

高まるインバウンド需要と多言語対応のサポートに

出典:キングジム

「ワールドスピーク」は互いに向かい合って対話しながら使用できる、2台1組の据置タイプの翻訳機。

会話ボタンを押しながら本体に向かって話すと、ペアリングしたもう1台の端末に翻訳結果が瞬時にテキストで表示され、音声で読み上げられる。各端末の画面にはあらかじめ選択した言語のテキストが会話順に表示されるため、円滑にコミュニケーションがとれる。

対応言語は72言語で、各言語に合わせて複数の翻訳エンジンから自動で選択することで、高い翻訳精度を実現した。通信方法は無線LANまたは有線LANから選択でき、使用する場に応じた通信環境で使用可能。

一般的な法人契約の翻訳機は、月額費用や数年単位での更新費用が発生するのが主流だが、「ワールドスピーク」は本体の購入費以外ランニングコストはかからない。

2018年に日本を訪れた外国人旅行者数は3,000万人を突破した一方で、旅行者が最も旅行中に困ったこととして「施設等のスタッフとのコミュニケーションがとれない」ことを挙げており、多言語対応できるスタッフの配置やメニューの多言語表記など、各企業へ対応が求められている。

キングジムは、対話型翻訳機「ワールドスピーク」の発売により、新市場の獲得を目指していくという。

【製品 概要】
製品名・品番:対話型翻訳機「ワールドスピーク」HYK100
本体色:シルバー
価格:¥148,000 +消費税
発売日:2019年7月19日(金)

対応言語72言語:

出典:キングジム

【合わせて読みたい】

JR北海道、AI通訳機「ポケトーク」試験導入

多言語対応接客サービス、滋賀県長浜の高級ホテルに導入

レンタルWiFi多言語申込サイト「Wi-Ho!」イージーコミュ提供

ウイルコム、31カ国語搭載のSIMフリーマルチ翻訳機発売

関連記事