ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ホテルユニゾ博多駅博多口」9月19日開業

「ホテルユニゾ博多駅博多口」9月19日開業

投稿日 : 2018.09.06

福岡県

新規ホテル情報

ユニゾグループは「ホテルユニゾ博多駅博多口」を、九州2店舗目、ユニゾグループ23店舗目の新ホテルとして、9月19日(水)に開業する。開業する福岡市博多区の宿泊施設展開状況と合わせてお伝えする。

出典:ユニゾ

ホテルユニゾ博多駅博多口
ユニゾホールディングス株式会社の100%子会社であるユニゾホテル株式会社は、2018年9月 19日(水)にグループ23店舗目となる「ホテルユニゾ博多駅博多口」を開業。
「ホテルユニゾ」は、「高級感のある内外装や設備・備品による付加価値をつけることで高価格帯の 販売を実現し、収益を極大化させたビジネスホテル」をブランドコンセプトとしている。
「ホテルユニゾ博多駅博多口」は、JRおよび地下鉄博多駅より徒歩9分、福岡空港へのアクセスにも優れた、ビジネスや観光の拠点として便利なホテル。複合商業施設「キャナルシティ博多」も徒歩圏内、繁華街「天神」や歓楽街「中洲」にも近いことから、ショッピングやグルメも楽しめるロケーション。
ユニゾグループは、本年11月1日には「ホテルユニゾ横浜駅西」も開業を予定しており、同ホテルを含めた9店舗を計画開発中である。2020年3月末には保有・運営ホテルを30店舗・7,000室、計画開発中ホテルを含め45店舗・10,000室を目指し、今後もグループを挙げて積極的な新規ホテル開発を進める方針。
<施設概要>
・所在地:福岡県福岡市博多区博多駅前3-6-7
・交通:JR、福岡市地下鉄「博多駅」 徒歩9分
・客室数217 室(シングル185室、ダブル18 室、ツイン13 室、ユニバーサルツイン 1 室)
料金は大人1名1室、8,000-10,000円ほどの価格帯で提供される模様だ。

出典:ユニゾ

福岡市博多区ホテル展開状況
同ホテルが開業する福岡市博多区には、メトロエンジンリサーチによると、宿泊施設が198 、部屋数20,215が提供されている。新規開業施設は同ホテルの他に8軒、部屋数980が提供される予定となっている。
博多区には福岡空港が立地するが、宿泊施設は博多駅周辺に偏っており、駅1キロ圏内に宿泊施設が109、部屋数12,923と約6割が集中展開している。
同ホテルの他に、新規開業予定の注目ホテルとしては、JR九州が「博多駅前二丁目複合ビル(仮称)」(238室、福岡市博多区博多駅前二丁目 172 番地他)にて、博多駅徒歩7分の好立地に、2019年秋の開業を予定している。同施設には、ホテルの他に、商業施設や博多まちづくり推進協議会が運営するコミュニティスペースが設けられ会議や講習会等が可能なミーティングルームとライブラリースペースが併設される。

【関連記事】
ホテルセントラーザ博多が閉館、リブランドオープン
WBFリゾート沖縄が福岡で「ホテルWBF福岡中洲」「ホテルWBFグランデ博多」を今夏相次ぎ開業ー福岡で開業ラッシュ続く
2018年福岡市ホテル開業ラッシュと訪日韓国人
人気コンサート講演にホテル不足が常態化、福岡のホテルで何が起きているのか
福岡市で激化する新規ホテル開発競争――その背景にある福岡市の施策とは

関連記事