ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ホテルセントラーザ博多が閉館、リブランドオープン

ホテルセントラーザ博多が閉館、リブランドオープン

投稿日 : 2018.08.10

福岡県

新規ホテル情報

ホテルセントラーザ博多は、9月30日に1985年開業からの33年間の歴史に幕を閉じ閉館。約半年間の改装工事を行い、2019年4月に「オリエンタルホテル福岡 博多ステーション」としてリブランドオープンする。博多区ホテル出店状況と合わせてお送りする。
フロントロビーイメージ / 本リリースのCGは、2018年8月10日時点のものであり、変更の可能性がございます。

出典:ホテルマネージメントジャパン

オリエンタルホテル福岡 博多ステーション
2019年4月開業予定の同ホテルは、 「場所がつながる、人がつながる、旅がつながる」 をコンセプトに、機能美を重視した快適で居心地の良い空間を特徴とし、福岡・博多の玄関口として場所と人とが繋がるホテルを目指す。

出典:ホテルマネージメントジャパン

【施設概要】
開業日:2019年4月予定
所在地:〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街4-23
施設規模:地下2階・地上11階
延床面積:18,599㎡
客室:221室(ダブル99室、 ツイン / トリプル / フォース121室、 ユニバーサル1室)
※現在のホテルセントラーザ博多は194室、27客室数増加を予定する。
施設構成:宴会場 13会場・ラウンジ&バー 1店舗
運営会社:株式会社ホテルマネージメントジャパン
アクセス:JR「博多駅」 筑紫口より徒歩1分 / 地下鉄「博多駅」 東4番出口直結

出典:ホテルセントラーザ博多

福岡市博多区ホテル出店状況
メトロエンジンリサーチによると、福岡県福岡市博多区には宿泊施設が198展開しており、20,215室が提供されている。
博多区は福岡市の宿泊施設数340、部屋数31,350のうちの約6割が集中して出店している激戦地域。
特に博多駅周辺には三井不動産が「(仮称)博多駅前二丁目ホテル計画」(2019年夏、300室)や大和情報サービスの「(仮称)FP HOTELS新築工事」(2018年11月、72室)、ユニぞホテルの「(仮称)ホテルユニゾ福岡博多駅前新築工事」(2018年冬、213室)など多数の新規ホテルの開業が予定されている。

博多区のホテル規模トップ10(部屋数)は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【関連記事】
WBFリゾート沖縄が福岡で「ホテルWBF福岡中洲」「ホテルWBFグランデ博多」を今夏相次ぎ開業ー福岡で開業ラッシュ続く
2018年福岡市ホテル開業ラッシュと訪日韓国人
民泊物件の8割が集中する福岡市で、民泊物件がホテルに与える影響とは
人気コンサート講演にホテル不足が常態化、福岡のホテルで何が起きているのか
福岡市で激化する新規ホテル開発競争――その背景にある福岡市の施策とは

関連記事