ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > サブスク住居「ユニット」総額7000万円資金調達

サブスク住居「ユニット」総額7000万円資金調達

投稿日 : 2020.02.27

東京都

バケーションレンタル

日本初!外泊するほど安く住める、サブスク住居「unito(ユニット)」を手掛けるUnito Inc.が総額7000万円を資金調達した。

「暮らしの最適化の追求」をビジョンとして掲げ、不動産の企画/開発/運営を展開してきた株式会社Unitoは、この度、新規投資家および既存投資家を引受先とした第三者割当増資、日本政策金融公庫などからのデットファイナンスを合わせ、総額約7000万円の資金調達を実施した。

また、日本初の外泊したら家賃が安くなるサービス「unito(ユニット)」のサービスサイトをオープンした。

サブスクリプション住居「unito」は、”家に住む”と”ホテルに泊まる”を融かし合わせた日本初の住まいの形を提案するという。

 「連休で帰省している日」「休日に旅行に出かけている日」を、unitoのアプリケーションから、ワンタップで外泊申請ができ、日数分の家賃が差し引かれる。

外泊中は運営スタッフが部屋を清掃し、ホテルとして使用。
ホテルとしてゲストが宿泊した際の部屋は、部屋を貸し出す前よりも綺麗に清掃してユーザーに返すという。

第1号店となる「unito Chiyoda」は2020年3月、東京都千代田区東神田にオープン予定。

同社はこれまでにスカイライトコンサルティング株式会社、個人投資家などから約4500万円の資金調達を実施しており、本調達後の累計調達総額は約1.2億円になるという。

「本ラウンドにおける投資家
・株式会社ガイアックス
・須田 将啓 氏(株式会社エニグモ  代表取締役)
・薄葉 直也 氏(株式会社イデアル 代表取締役)
・他力野 淳 氏(バリューマネジメント株式会社 代表取締役)
*順不同
*他、個人投資家複数

【合わせて読みたい】

ANAとアドレスが航空券サブスクの実証実験

月額1万円で日本中・世界中に共遊別荘・共遊スペース

家具・家電サブスクのクラス、総額2億円の資金調達

日本初!ラブホテルのサブスクリプションサービス開始

関連記事