ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 月額1万円で日本中・世界中に共遊別荘・共遊スペース

月額1万円で日本中・世界中に共遊別荘・共遊スペース

投稿日 : 2019.02.23

徳島県

バケーションレンタル

日本中・世界中の空き家や空きスペースをクリエイティブに再生したり、また既存の拠点などをWEBプラットフォームサイト「ハンモサーフィン」に登録して、月額定額制で共遊別荘・共遊スペースとして利活用するシェアリングプラットフォームが登場した。

共遊別荘・スペースをハンモサーファーが利用

出典:ウダツアップ

株式会社ウダツアップ株式会社(本社:徳島県美馬市脇町、代表取締役社長:柴田義帆)がプラットフォームを開発、一般社団法人ハンモサーフィン協会(代表理事:柴田義帆)が運営提供する月額1万円(税抜)で空き家や空きスペース、既存の拠点を利活用するシェアリングサービス『hammosurfing “ハンモサーフィン”』が2019年2月21日から開始された。

運営主体である一般社団法人ハンモサーフィン協会は、徳島県美馬市脇町にあるうだつの町並みで2015年6月からスタートし、地域における様々な課題の一つでもある空き家や空きスペースの対策などに着目し、会員「ハンモサーファー」同士で共遊別荘・共遊スペースとして再生して、滞在・コミュニティ・ビジネス・コワーキング・コリビング・イベント・パーティー・ワークショップ・オフィスなど全国を先駆けて様々な用途で利活用する活動に取り組んできた。

共遊別荘・共遊スペースに再生された拠点では、ハンモサーファー同士のコミュニティが生まれ、情報ツール『ハンモサーフィンコネクト』を通して様々な情報を共有していく。

ハンモサーフィンコネクトは、各種ニュース、共遊別荘・共遊スペースの各拠点の様々なプロジェクトやイベント情報、また、ハンモサーフィンで紹介する物件オーナー募集情報などを発信して、ハンモサーファー同士をソーシャルで繋げ、形や定義に捉われない自由なライフワークスタイル『ハンモライフ』を実現するコミュニティ。

現在ハンモサーフィンは、四国を中心に全国19拠点展開し、また海外ではアメリカ・ヨーロッパ・オーストラリア・香港などの展開を予定しており、今後WEBプラットフォームを活用して日本中・世界中に共遊別荘・共遊スペースを限りなく広げることで、ハンモサーファーは月額1万円(税別)で世界中を旅をしながらリモートワークを実現できるという。

出典:ウダツアップ

【合わせて読みたい】

多拠点生活「ホステルパス」定額で登録ホステルに泊まり放題

 ​CARAVAN JAPAN、カンボジア・シェムリアップに進出

関連記事