ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > トリップアドバイザー「外国人に人気の日本の観光スポット 2018」ー広島宿泊施設出店状況

トリップアドバイザー「外国人に人気の日本の観光スポット 2018」ー広島宿泊施設出店状況

投稿日 : 2018.06.22

広島県

インバウンド

トリップアドバイザーは、外国語の口コミ評価をもとに、「外国人に人気の日本の観光スポット 2018」を発表。京都の「伏見稲荷大社」が5年連続で1位、2位には「広島平和記念資料館」(広島県広島市)が、3位には「宮島(厳島神社)」(広島県廿日市市)がランクインした。広島の宿泊施設出店状況と合わせてお送りする。

伏見稲荷が5年連続V、広島二施設が追走
本年で10回目となるトリップアドバイザーによる「外国人に人気の観光スポット2018」で「伏見稲荷大社」(京都府京都市)が5年連続で1位に。2018年6月現在、これまでに伏見稲荷大社に寄せられた口コミ数は20,000件を超え、そのうち7割近くが外国語の口コミとなった。英語、スペイン語、イタリア語、中国語、フランス語、ポルトガル語など、25言語以上で口コミが寄せられており、世界中の旅行者が訪れる日本を代表する観光名所となっている。伏見稲荷は本来は「五穀豊穣」や「商売繁盛」を祈願する神道の神社だが、山林の中を鳥居をくぐる「アトラクション」としてアスレチック感覚で外国人に人気を呼んでいる。
2位には昨年3位から順位を上げた「広島平和記念資料館」(広島県広島市)が、3位には「宮島(厳島神社)」(広島県廿日市市)がランクインした。
なお、昨年2位にランクインしていたエンターテイメント施設の「アキバフクロウ」は一転して圏外となった。

【外国人に人気の日本の観光スポット2018 トップ30】
※カッコ内は昨年順位、「初」はランキング初登場の意
1 位(1) 伏見稲荷大社/京都府京都市
2 位(3) 広島平和記念資料館(原爆ドーム、広島平和記念公園)/広島県広島市
3 位(4) 宮島 (厳島神社)/広島県廿日市市
4 位(5) 東大寺/奈良県奈良市
5 位(7) 新宿御苑/東京都新宿区
6 位(14) 兼六園/石川県金沢市
7 位(10) 高野山(奥之院)/和歌山県高野町
8 位(8) 金閣寺/京都府京都市
9 位(9) 箱根彫刻の森美術館/神奈川県箱根町
10 位(13) 姫路城/兵庫県姫路市
11 位(30) 三十三間堂/京都府京都市
12 位(11) 奈良公園/奈良県奈良市
13 位(26) 成田山 新勝寺/千葉県成田市
14 位(-) サムライ ミュージアム/東京都新宿区
15 位(-) 白谷雲水峡/鹿児島県屋久島町
16 位(-) 浅草寺/東京都台東区
17 位(-) 日光東照宮/栃木県日光市
18 位(-) 栗林公園/香川県高松市
19 位(25) 両国国技館/東京都墨田区
20 位(12) 永観堂禅林寺/京都府京都市
21 位(16) 長谷寺/神奈川県鎌倉市
22 位(-) 東京都庁舎/東京都新宿区
23 位(-) トヨタ産業技術記念館/愛知県名古屋市
24 位(-) 白川郷合掌造り集落/岐阜県白川村
25 位(29) 京都駅ビル/京都府京都市
26 位(-) 立山黒部アルペンルート/富山県立山町
27 位「初」 平等院/京都府宇治市
28 位「初」 根津美術館/東京都港区
29 位(-) 地獄谷野猿公苑/長野県山ノ内町
30 位「初」 三千院/京都府京都市

広島の宿泊施設出店状況
2位、3位にランクインした広島県。世界遺産の原爆ドーム、広島平和記念資料館が所在する広島市の宿泊施設出店状況を見てみよう。
メトロエンジンリサーチによると、広島市には現在宿泊施設が203あり、15,371部屋が提供されている。
新設のホテルも4軒予定されており、いずれも平和記念公園や広島駅近くの中心部に開業を予定している。
新規開業予定のホテルは以下の通りだ。
・くれたけイン広島大手町、JR西日本、198室、2019年12月開業予定
・未定(ボウル国際跡地)、東洋観光、250室、2020年1月開業予定
・ホテルビスタ広島、ビスタホテルマネジメント、228室、2018年8月開業予定
・(仮称)広島二葉の里プロジェクト、大和ハウス工業、201室、2019年4月開業予定

いずれも大規模な施設で東京五輪前の開業を見込む。
また、同じく世界遺産の宮島・厳島神社がある廿日市には宿泊施設が70、1,442室提供されており、新設ホテルの予定は確認できなかった。
 あいう
あいう 
トリップアドバイザーのレビュー評価は影響力絶大
あいう
ホテルとOTAとは緊張関係にもあるが、Oxford Economicsの調査によると、2017年にトリップアドバイザーのレビュー評価は世界観光の総支出の10.3%に相当する5460億USDに影響を与えたという。この数値は同調査の2007年の7.0%、2,800億USDから大幅な上昇を示しており、インターネット社会の普及によりその影響力を増している。
あいう
このため多くのホテル業者にとって同サイト上での高い評価が宿泊客の獲得にもつながることから、同サイト上のレビュー評価は無視できないものであり、レプテーション管理上も注視することは欠かせなくなっている。
トリップアドバイザーによると、トリップアドバイザーには世界各国750万以上の宿泊施設、航空会社、観光名所、レストランが掲載されており、6.3億件以上の口コミ情報が寄せられている。世界 49の国と地域におけるユーザー数は、月間平均4億5500万人に達する。

【関連記事】
IHGがイギリス消費者のOTA利用の問題点を指摘するレポートを発表

インターコンチネンタルがOTA手数料削減を発表ー逆張り戦略も

「欧州技術旅行サービス協会がホテルの直接予約シフトの効果を疑問視」

マリオットがOTAへの支払手数料を見直しへーエクスペディアを皮切りに
ヒルトンがOTA手数料削減を発表ーマリオットに追随
ホテル自社サイトと OTA、最適な宿泊客の獲得手法は

あいう 

関連記事