ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁「新しい旅のエチケット」感染防止のための留意点

観光庁「新しい旅のエチケット」感染防止のための留意点

投稿日 : 2020.06.19

指定なし

新型コロナウイルス関連

本日6月19日から県外から人の呼び込みが徐々に実施される。今後の観光振興に当たっては、感染リスクを避けながら安全に旅行してもらうことが重要。このため、観光庁協力により、観光関連事業者により、旅行者視点での感染防止のための留意点をまとめた「新しい旅のエチケット」が示された。

観光庁としては、感染拡大の抑止と社会経済活動の維持を両立していくため、官民連携して、旅行者への普及・啓発に努めていくという。

【策定主体】
旅行連絡会(協力:国土交通省・観光庁)
※ 旅行連絡会・・・交通機関や宿泊・観光施設等の旅行関係業界の業界団体等で構成

【概要】
旅行時における感染防止のための基本的な留意事項に加え、旅行の各場面(移動、食事、宿泊、観光施設、ショッピング)ごとの留意事項を掲載。
今後、旅行連絡会加入団体等より、ホームページへの掲載・ポスター掲示・チラシ配布等により、旅行者への周知を実施。
(例)・マスク着け、私も安心、周りも安心。
・旅ゆけば、何はともあれ、手洗い・消毒。
・間あけ、ゆったり並べば、気持ちもゆったり。
・楽しくも、車内のおしゃべり控えめに。
・おみやげは、あれこれ触らず目で選ぼう。

【合わせて読みたい】

観光庁「Go Toトラベルキャンペーン」事務局公募、概要発表

観光庁、ガイドラインに沿った感染予防対策実施を依頼

休止後の再開時、レジオネラ症への感染防止対策に留意

宿泊施設における新型コロナウイルス対応ガイドライン

新型コロナウイルスに感染する危険のあるリネン類の取扱い

関連記事