ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁「Go Toトラベルキャンペーン」事務局公募、概要発表

観光庁「Go Toトラベルキャンペーン」事務局公募、概要発表

投稿日 : 2020.06.16

指定なし

ホテル関連ニュース

観光庁は本日6月16日に「Go To トラベル事業における運営業務」の企画競争実施の公示を行った。企画提案書の提出期限は6月29日、履行期限は令和3年3月中旬。争点となっていた事務委託費の上限額は2,294億円とした。国の支援額は、1兆1,248億円の巨額にのぼる。

出典:観光庁

旅行・宿泊代金の 1/2 相当を国が支援することとし、そのうち7割程度は旅行・宿泊代金の割引、3割程度は旅行先の土産物店、飲食店、観光施設、交通機関などで使用できる地域共通クーポンの発行に充てる。

地域共通クーポンは紙での発行に加え、アプリやウェブサイト等を活用して電磁的に発行する方法も用意する。

旅行・宿泊代金の割引と地域共通クーポンの発行のための国の支援額は、1兆1,248億3,327万5千円。

国の支援額の上限は、1人1泊あたり 2万円、日帰りの場合1人あたり1万円で、連泊制限や利用回数の制限はなし。

開始時期は感染症の専門家の意見等も聞きつつ検討するとした。

今回の企画競争は、事業スキームにおける「事務局」を募集するもの。高すぎるとの指摘を受けて、政治的な争点となっていた事務委託費の上限額は2,294億1,371万3千円となり、最終的な実施内容、契約金額については、発注者と調整した上で決定するという。

なお、割引旅行・宿泊商品を取り扱う旅行業者、OTA、宿泊事業者や、地域共通クーポン加盟店については、今後、事務局の決定後に、改めて事務局より募集をする予定。

出典:観光庁

【合わせて読みたい】

新型コロナ関連の最新ホテル倒産まとめ(6月1日現在)

3月延べ宿泊者数が前年同月比48.9%減、4月同76.8%減少も

2月の延べ宿泊者数、前年同月比6.0%減、3月は同49.6%減

3月稼働率が前年同月比57.3%減、4月RevPAR同90%減少も

2020年3月の訪日客数、前年同月比 93.0%減の19万4千人

関連記事