ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東横INN新函館北斗駅南口、2020年6月14日開業

東横INN新函館北斗駅南口、2020年6月14日開業

投稿日 : 2020.06.17

北海道

新規ホテル情報

東横インは、「東横INN新函館北斗駅南口」(北海道北斗市市渡1-4-1、248室)を2020年6月14日に開業した。

同ホテルは、北海道新幹線新函館北斗駅から徒歩2分、JR函館本線新函館北斗駅から徒歩2分に立地。

出典:東横イン

オープンから3ヶ月間『サンキュー・ゴメンネ キャンペーン』を実施。

シングル¥3,950(税込)~提供する。

「新北海道スタイル」安心宣言
同ホテルは、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、以下の「7つの習慣化」に取り組むという。

1.スタッフのマスク着用や小まめな手洗いに取り組みます。
・手洗い、マスク、咳エチケットに取り組みます
2.スタッフの健康管理を徹底します。
・出勤前の健康チェック(検温等)の徹底をします
3.施設内の定期的な換気を行います。
・空調設備等の活用、窓の換気を定期的に行います
4.設備、器具などの定期的な消毒・洗浄を行います。
・全館(ロビー、エレベーター、自動販売機、自動ドアなどの消毒)
・客室清掃時の消毒の徹底
5.人と人との接触機会を減らすことに取り組みます。
・ 一定の距離(2m程度)を確保するソーシャルディスタンシング
・ 間仕切りなどの活用
・人数制限や空席の確保
6.お客様にも咳エチケットや手洗いを呼びかけます。
・お客様へのマスクの着用、咳エチケット、ソーシャルディスタンシング
7.店内掲示やホームページなどを活用し、
お店の取組をお客様に積極的にお知らせします。

北海道北斗市にはメトロエンジンリサーチによると、宿泊施設が18、部屋数にして422室が提供されている。同ホテルは248室で同市内最大の宿泊施設。

【合わせて読みたい】

東横イン、軽症者等受け入れ施設への支援物資の提供に御礼

東横イン、新型コロナ感染拡大防止対策(6月3日更新)

北海道ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

北海道ホテル展開状況(2019年7月現在)

関連記事