ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東横INN静岡駅南口、本日11月29日開業

東横INN静岡駅南口、本日11月29日開業

投稿日 : 2018.11.29

静岡県

新規ホテル情報

東横インは、「東横INN静岡駅南口」(232室)を11月29日(木)に開業した。静岡駅南口から徒歩5分。東横インは2019年3月に清水にも開業を予定しており、静岡での開業を加速している。同ホテルの開業キャンペーン価格と周辺ビジネスホテルの平均価格とを分析した。

東横INN静岡駅南口

この度開業した、同ホテルの所在地は、静岡県静岡市駿河区泉町3-24、JR東海道本線、東海道新幹線静岡駅南口から徒歩5分の好立地となっている。

駐車場は、26台収容 予約順で、¥800/1泊 。
平置き:19台まで 1台:身障者用 立体機械式:7台 長さ5.05m 幅1.85m 高さ2.1mまで。

オープンから一ヶ月は、公式ホームページからの予約限定で以下の価格で提供する。

【キャンペーン料金】
シングル ¥3,950(税込)
ツイン ¥5,390(税込)
【キャンペーン期間】

2018年11月29日~2018年12月28日宿泊分まで

客室数:232

出典:東横イン

静岡県静岡市駿河区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、同ホテルが開業した静岡市駿河区には宿泊施設が33、部屋数にして1,824が提供されている。

静岡市には宿泊施設が143施設、部屋数にして6,259が提供されており、静岡市清水区が宿泊施設44、部屋数1,780となっている。

同ホテルは、駿河区では、ホテルセンチュリー静岡の206室を上回り、232室で客室数トップとなる。

静岡市駿河区のビジネスホテルの平均販売価格は8,642円(2018年11月)となっており、上記の同キャンペーンにより東横インは価格優位性を大きく発揮することになるだろう。

【合わせて読みたい】

東横INN静岡清水駅前、2019年3月12日開業

東横イン「東海道新幹線全駅出店&6万室突破」

関連記事