ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 観光庁「第8回日越観光協力委員会」を三重県鳥羽市で開催

観光庁「第8回日越観光協力委員会」を三重県鳥羽市で開催

投稿日 : 2018.11.05

三重県

インバウンド

観光庁は、11月8日(木)、三重県鳥羽市で「第8回日越観光協力委員会」を開催。2020年までに日越両国の相互交流人口を150万人に拡大することを目指して、今後の日越協力関係の強化等について議論し、アクションプランの作成、合意を目指す。鳥羽市ホテル展開、MICE情報と合わせてお送りする。

日越両国の相互交流人口を150万人に

同委員会は、日越両国が観光振興の分野における協力を推進するため、両国観光当局間の次長・審議官クラスを団長として、2005年以降、概ね2年に1度、日越交互に開催しているもの。
今年は、日越外交関係樹立45周年ということを踏まえ、2020年までに日越両国の相互交流人口を150万人に拡大することを目標としたアクションプランを作成し、合意を目指す。

日時:11月8日(木)15:30~18:00
場所:鳥羽国際ホテル(三重県鳥羽市鳥羽1-23-1)
出席者:

(日本側)35名程度
観光庁 髙科淳 審議官、日本政府観光局 小堀守 理事、
一般社団法人日本旅行業協会 志村格 理事長、
三重県 河口瑞子 観光局長 他

(ベトナム側)10名程度
ベトナム政府観光総局 ハー・ヴァン・シィウ副長官、
ベトナム旅行協会 グエン・ティイ・ゴック・ラン副会長 他

観光庁主催の歓迎レセプションには、三重県 鈴木英敬 知事、鳥羽市 中村欣一郎 市長が出席予定。

三重県鳥羽市ホテル展開、MICE競合情報

開催地となる三重県鳥羽市にはメトロエンジンリサーチによると、宿泊施設が197、部屋数にして3,560が提供されている。
客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

開催会場となる「鳥羽国際ホテル」(80室)は8位にランクインした。同市では同ホテルの他にも206室で2位となった「鳥羽シーサイドホテル」においても、温泉MICEとして開催の誘致が行われている。

また、80室で同8位の「タラサ志摩ホテル&リゾート」は大江戸温泉が取得し、大規模な修繕によるリニューアル開業が2019年春に予定されており、会議やセミナーなどの開催場としても期待される。

さらに、同市の近隣には、2016年5月に開催された伊勢志摩サミットの開催地である伊勢市があり、会場となった都ホテルズの「志摩観光ホテル ザクラシック」(114室)などが展開しており、多くの競合が展開するMICE誘致激戦地となっている。

【合わせて読みたい】

大江戸温泉物語「タラサ志摩ホテル&リゾート」リニューアル

三重県亀山「アパホテル〈亀山〉(仮称)」2019年3月開業

【本日、6月21日開業】「コンフォートホテル伊勢」ーチョイスホテルズが日本で相次ぎホテル開業

東京都がMICEグローバル人材育成講座を開催

関連記事