ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「花咲くトマム」で花景色のライトアップ

「花咲くトマム」で花景色のライトアップ

投稿日 : 2019.02.03

北海道

ホテル内レストラン

「星野リゾート トマム」は、2019年4月27日〜5月10日までの期間、「花咲くトマム」を実施。同イベントの目玉は、ホテルの中庭一面に広がる花景色「花咲くウェルカムコート」。今年は、その景色を夕暮れ時から夜にかけてライトアップし、花景色と花火の鑑賞を一度に楽しめるよう演出する。

花火と共に夜のお花見を楽しめる

花景色と花火を同時に鑑賞できるよう、夜に花咲くウェルカムコートをライトアップ。

出典:星野リゾート

隣接するカフェラウンジにて夜限定で提供するのは、花をテーマにしたオリジナルドリンク「フラワースパークリングワイン」。そのドリンクを片手に、焚き火を囲みながらバイオリンなどの生演奏を楽しむのがおすすめ。

昼とは違い、涼しくて心地よい夜の風や焚き火の温かさに包まれながら、春の訪れを感じる滞在を提案。

ウェルカムコートから徒歩約3分でアクセスできるcafe&bar「つきの」では、期間限定でテイクアウト可能な軽食2種とスイーツを提供。

まず1つ目は、春告げ魚(うお)と呼ばれる春を代表する魚、にしんをフライにした「春告げバーガー」。

2つ目は、春の季語「おぼろ月」という名前の米を使用し、間に山菜と桜海老のかき揚げと温度卵が挟まれた「おぼろ月ライスバーガー」。

3つ目は「花咲くパフェ」で、たっぷりのベリーと彩り豊かなエディブルフラワーが添えられる。

花に囲まれた滞在を楽しめる1日2組限定の宿泊プラン

春の訪れを感じながらさらにゆっくり滞在したい人向けに、花に囲まれた空間で朝食が食べられる1日2組限定の宿泊プラン「花咲くステイ」を販売。

出典:星野リゾート

特徴の1つ目は、ベッドや展望ジェットバスで花びらに囲まれて過ごせる「花咲くスイートルーム」。展望ジェットバスには、入浴中にも華やかな香りが楽しめる花びら型のバスペタルを用意。

さらに今年は、オリジナルの花柄がプリントされたクッションやマグカップも加わる。

特徴の2つ目は、花咲くウェルカムコートの花びらに囲まれた空間での朝食。彩り豊かな野菜に「エディブルフラワー」を添えた前菜、ローズのジャムと一緒に食べるヨーグルトなど、花の見た目や味、香りを楽しめるメニュー。

<花咲くウェルカムコート>
時間:見学は期間中いつでも可
場所:ザ・タワー ウェルカムコート
料金:無料

<花咲くウェルカムコート ライトアップ>
時間:18:30〜22:00(生演奏:18:30~19:00、19:30~20:00、花火:20:05〜20:10)
場所:ザ・タワー ウェルカムコート
料金:無料

<期間限定のオリジナルメニュー>
時間:11:00〜23:00
場所:ホタルストリート内 cafe&bar「つきの」
料金:春告げバーガー 1,200円、おぼろ月ライスバーガー 1,200円、花咲くパフェ 1,500円(いずれも税・サ込)

<花咲くステイ>
期間:2019年4月27日~5月11日チェックアウト
料金:1泊朝食付き 2名1室利用時1名 18,000円~(税・サ込)
定員:1日2組 *1組は2名まで
料金に含まれるもの:花咲くスイートルーム1泊、花咲く朝食、花びら型のバスペタル

【星野リゾート トマム/星野リゾート リゾナーレトマム 概要】

北海道のほぼ中心に位置する滞在型リゾート。

「ザ・タワー」、「リゾナーレトマム」の2つのホテルを中心に、四季を通して北海道を体感できるアクティビティが楽しめる。壮大な景色を眺められる「雲海テラス」、インドアウェイブプール「ミナミナビーチ」、最大20店舗以上の多彩なレストランを有する北海道でも最大級のリゾート。

所在地:北海道勇払郡占冠村字中トマム

客室数:ザ・タワー 535室、リゾナーレトマム 200室

【合わせて読みたい】

星野リゾート トマム「氷のコンサート」2月17日開催

星野リゾート トマム「月光スノーモービルツアー」

OMO7 旭川「春のうかれさんぽ」2019年4月15日~5月31日

北海道ホテル展開状況(2019年1月現在)

関連記事