ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東京23区ホテル展開状況(2020年2月現在)

東京23区ホテル展開状況(2020年2月現在)

投稿日 : 2020.02.05

東京都

ホテル統計データ

東京オリ・パラを迎える2020年の東京。2020年2月現在の東京23区の宿泊施設展開状況をメトロエンジンリサーチにより分析。23区全体の施設数・部屋数、新規開業予定と区別の客室数トップ10をお伝えする。

23区施設数は1940、部屋数は18.5万室

2020年2月現在、東京23区の宿泊施設展開数は1,940、部屋数にして184,907室となっている。

新規開業予定は219施設、部屋数にして31,768室と激増が続く見込み。

客室数順のトップ10は以下の通り。

1位 港区 32,089室 187施設

2位 中央区 26,161室 199施設

3位 台東区 22,379室 403施設

4位 新宿区 21,332室 194施設

5位 千代田区 19,539室 132施設

6位 江東区 19,384室 64施設

7位 豊島区 10,758室 98施設

8位 大田区 10,019室 102施設

9位 品川区 8,942室 58施設

10位 渋谷区 7,750室 54施設

※大人専用施設(いわゆるラブホテル)は対象から除く

【合わせて読みたい】

東京23区ホテル展開状況(2019年7月)

東京23区ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

日本全国市区町村、ホテル部屋数ランキング(2019年7月)

日本全国ホテル展開状況(2020年1月現在)

関連記事