ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東京都、店舗型新型コロナ見守りサービスのパートナー募集

東京都、店舗型新型コロナ見守りサービスのパートナー募集

投稿日 : 2020.06.15

東京都

新型コロナウイルス関連

東京都では、都内民間店舗等で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、利用者の訪問履歴に基づき、迅速に感染情報を通知する「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」を構築するため、同取組を事業として展開する「新型コロナ・テックパートナー企業」を募集。

東京都では、美術館・博物館、図書館など多くの利用者が訪れる都立施設を安全・安心に利用してもらうために、新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から「東京版新型コロナ見守りサービス」を令和2年6月12日から運用を始めた。

この度、都内民間店舗等で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、利用者の訪問履歴に基づき、迅速に感染情報を通知する「店舗型東京版新型コロナ見守りサービス」を構築するため、同取組を事業として展開する「新型コロナ・テックパートナー企業」を募集する。

同サービスにより、市中感染リスクの低減や早期相談につなげ、「新しい日常」の定着とともに、第2波への備えを強化していくという。

同サービスは都内民間店舗等で新型コロナウイルス感染症のクラスターが発生した場合に、利用者の訪問履歴に基づき、迅速に感染情報を通知する仕組み。
公募により選定される「新型コロナ・テックパートナー企業」が展開するサービスに応じて、感染情報の通知を行う。

6月下旬からサービス運用を開始予定。
※ワクチンが開発される等、新型コロナウイルス感染症が終息した段階で同事業は終了予定

公募期間は、令和2年6月12日(金)から同18日(木)午後5時まで。

詳細は公式サイト参照のこと。

【合わせて読みたい】

東京都、新型コロナ感染拡大に備えた宿泊療養施設募集

東京都、新型コロナ宿泊療養施設への最先端ロボット導入

品川プリンス・イーストタワーが新型コロナ軽症者受け入れ

東京⻁ノ⾨東急REIホテル、新型コロナ軽症患者受け入れ

東京都が新型コロナ軽症者の宿泊療養の宿泊施設募集

関連記事