ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東武鉄道、東武竹沢駅~男衾駅間に新駅を開業

東武鉄道、東武竹沢駅~男衾駅間に新駅を開業

投稿日 : 2019.06.13

埼玉県

ホテル関連ニュース

東武鉄道はホンダと連携し、2020年秋にホンダ埼玉製作所寄居完成車工場に隣接する埼玉県北西部、大里郡寄居町、東武東上線 東武竹沢駅~男衾駅間に新駅を開業する。

沿線用地を活用したパーク&ライドの実施を検討

東武東上線における新駅開業は、2002年3月26日に開業した「つきのわ駅」以来。

同社は、ホンダが寄居工場への集約を発表した2017年10月以降、寄居工場へのアクセス向上や、周辺の円滑な交通環境の維持、環境負荷軽減を目指し、寄居工場に隣接する東武東上線の活用についてホンダと協議を重ね、今般、新駅を開業することとなった。

今後も新駅開業に向けて準備を進め、寄居工場勤務者及び利用者の鉄道利用促進に向けた検討を進める。

なお同社では新駅設置に伴い、東武東上線の沿線用地を活用したパーク&ライド(出発地からは自動車を利用し、途中で電車やバスなどに乗り換えて目的地まで移動する方式)の実施等を検討する。

出典:東武鉄道

【同新駅 概要】
駅位置:東武東上線 東武竹沢駅~男衾駅間(埼玉県大里郡寄居町大字富田地先 池袋駅から約69km付近)
駅施設プラットホーム:1面1線
開業時期:2020年秋(予定)

【合わせて読みたい】

札幌東武ホテルが 「フェアフィールド・バイ・マリオット札幌」にリブランドオープン

東武鉄道、川越エリアのムスリム観光MAPを発行

東武・マリオットが「ACホテル・バイ・マリオット東京銀座」「ザ・リッツ・カールトン日光」を2020年夏相次ぎ開業ー東武鉄道の事業戦略とは

東武不動産が新法を受け民泊参入ー墨田区のホテル民泊展開状況

関連記事