ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 東武不動産が新法を受け民泊参入ー墨田区のホテル民泊展開状況

東武不動産が新法を受け民泊参入ー墨田区のホテル民泊展開状況

投稿日 : 2018.06.20

東京都

バケーションレンタル

東武不動産が6月15日の住宅宿泊事業法(民泊新法)の施行を受けて、民泊事業に参入をした。本社が所在する東京都墨田区を手始めに東武鉄道の沿線沿いに展開を広げる。墨田区のホテル・民泊出店状況と合わせてレポートする。

第一号は墨田区の建物をリノベーション
東武不動産が、空き家を活用し、訪日外国人観光客の誘客を行うとともに、地域活性化を図るため民泊に参入した。
第一号は東武不動産が墨田区内に所有する木造二階建ての建物を活用。建物をリノベーションし、2階に宿泊用の部屋を3室設け、1階には「日本独自のナイトライフ」を体験できる商業テナント(ラーメン店・カラオケ店・居酒屋)が出店するほか、電動シェアサイクルを設置。また建物内にパンフレットラックを設置するなどし、東京スカイツリータウン(R)などの周辺グループ施設や東武沿線観光地、墨田区内の商店などの紹介を行う。
また、「墨田区ならではの体験」を提供するため、シェアサイクルを使った下町散策ツアー、相撲の朝稽古ツアー、地元企業と連携した地下足袋作り、漢字で名前を入れる提灯制作体験プログラムなども実施する予定だ。

東武沿線沿いに訪日客の受入環境整備
東武グループでは、墨田区での取り組みを手始めに、訪日外国人観光客の受入環境整備を進め、沿線地域で展開を広げていく方針。
近年増加を続ける訪日外国人観光客の多様化する宿泊ニーズに東武沿線において応えるとともに、東武鉄道と連携した東武沿線の観光施設などのPRや、周辺地域との協力による散策ツアーなどの実施により、地域活性化を図る。
物件掲載はAirbnbや途家、Booking.com、agodaなど複数に行う。

墨田区のホテル民泊出店状況
メトロエンジンリサーチによると現在墨田区には宿泊施設が73、客室数4,101が提供されている。民泊施設は664室となっている。
民泊影響稼働率※は、下記の通り。

民泊影響稼働率〜墨田区

出典:メトロエンジンリサーチ

※「民泊影響稼働率」
民泊影響稼働率(%) =  民泊実稼働数(A)  /  ホテル客室数(B) ×100
民泊実稼働数(A) = 該当エリアの民泊物件数 × 民泊稼働率
ホテル客室数(B) = 該当エリアのホテル客室数(ビジネスホテル・シティホテル)

上記の通り、民泊影響稼働率は2018年4月で24.55%となっており、高い割合を示している。その割合は2016年から増加を続けているが特に、2017年4月にその上昇割合が顕著になり、季節による変動があるものの恒常的に20%を超え安定するようになっていることがわかる。

墨田区には両国国技館、東京スカイツリー、東京都江戸東京博物館など人気の観光施設が集まっている。今後東武不動産がグループとして埼玉を中心とした東武鉄道沿線沿いにどのような受入整備を進めていくのか、民泊新法施行を受けた不動産投資の先行取り組みが注目されている。

出典:東武不動産

【関連記事】
メトロエンジンが日本全国の市区町村レベルでの民泊影響稼働率の指標の提供を開始〜東京、大阪、京都の事例を紹介〜

民泊によるホテルの稼働率への影響〜民泊はホテルの競合となるのか!?②〜

鎌倉で古民家「古今」が2019年1月開業ー民泊新法適用事例

あいう

関連記事