ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 業界初!「ホテル併設型競輪場」玉野競輪場再整備で2022年3月開業

業界初!「ホテル併設型競輪場」玉野競輪場再整備で2022年3月開業

投稿日 : 2020.02.26

岡山県

新規ホテル情報

株式会社チャリ・ロトは、岡山県玉野市より玉野競輪場再編整備事業における事業予定者として選定された。業界初となる、競輪場に併設するホテル(選手宿舎兼用)建設、および運営を付帯事業として計画。グランドオープンは2022年3月の予定。

客室でくつろぎながら競輪観戦、レース開催時は選手宿舎に

ホテルには各部屋にテラスを設け、昨今、観光資源として注目を集めている瀬戸内海の景観を楽しめるとともに、競輪開催時には、客室でくつろぎながらレース観戦ができるという、新たな競輪観戦スタイルを提案。

また、ホテルは、レース開催時は選手宿舎として利用することで、競輪場運営とホテル運営の効率化を実現しシナジーを発揮していくという。

また、メインスタンドには、競輪場に来場した顧客だけでなく、ホテル宿泊客や近隣の人々も楽しめる本格的なビュッフェレストランを設ける計画。

グランドオープン後は、競輪場施設全体をコンパクトにまとめることで、運営自体もコンパクト化できると考えており、キャッシュレス端末の導入など競輪新時代にマッチした競輪場として生まれ変わる。

加えて、地元の人々が集えるような盆踊り大会や花火大会を開催し、地元に開かれた、かつ、観光スポットとして多くの市外・県外の観光客を呼び込める場所にしていくという。

このほか、パラ競技や瀬戸内海を活かしたトライアスロン大会、学校の部活動合宿などで利用できるスポーツ拠点としても、多くの人が集まる場にすることで、地方創生・地方活性化の一翼を担っていく考え。

これらの事業を通して、長期的観点で玉野競輪場並びに玉野市に直接的・間接的貢献ができるようにしていくという。

岡山県玉野市にはメトロエンジンリサーチによると、17施設、361室が提供されている。

【合わせて読みたい】

「ホテルトレンド岡山駅前」2019年10月29日開業

岡山で現代美術アート作家と建築家「A&A」プロジェクト始動

ホテルルートイン倉敷水島、2019年5月22日開業

ホテルグランヴィア岡山「ファミリーデラックスルーム」誕生

アパホテル〈岡山駅前〉が増築の上、本日11月19日開業

関連記事