ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > サンシャインシティプリンスホテル、スマートライト導入

サンシャインシティプリンスホテル、スマートライト導入

投稿日 : 2018.10.15

東京都

インバウンド

株式会社プリンスホテルは本日10月15日(月)より、サンシャインシティプリンスホテルにて、popIn株式会社が開発、販売している世界初の3in1スマートライト「ポップインアラジン」を設置した客室の販売を開始した。

出典:popIn

プロジェクター、スピーカー、シーリングライトが一体化

「ポップインアラジン(popIn Aladdin)」は、プロジェクター、スピーカー、シーリングライトが一体となった新しいスマートライト。

高機能・高性能のプロジェクター、高音質のスピーカーとLEDシーリングライトが一体化した。

天井に設置することでインターネットテレビ、YouTubeなどの映像コンテンツを大画面で楽しめることはもちろん、スマートフォンと連動させることでスピーカーとして音楽を楽しむことも可能。
家族一緒に映像コンテンツを視聴したり、好きな音楽を聴いたり、デジタル絵本の読み聞かせコンテンツを楽しむなど、今までにはない客室での過ごし方を提案する。

同製品のメーカー希望小売価格は、99,800円(税込)。

また、同製品はシーリングライトを交換するのと同じ手間で、簡単に部屋がミニシアターとなり、生活の新しいワンシーンが演出できる点を評価され、2018年度のグッドデザイン賞も受賞している。

【設置客室ホテル概要】
サンシャインシティプリンスホテル(パノラマフロア フォースルーム(60.8㎡・定員4名)のうち1室)

住所:東京都豊島区東池袋3丁目1-5

客室数:1,109

プリンスホテルは、品川プリンスに昨年10月デリバリーロボットを導入するなど、先進的な取り組みを進めている。

 

【合わせて読みたい】

東急ホテルズ、デリバリーロボットを渋谷で導入

スマートホテル「グランドベース福岡」10月5日開業

「未来の家プロジェクト」NTTドコモ協力、住宅・宿泊領域で

アリババがホテル向けロボット導入、多方面利用拡大へ

日本初!ジェスチャーでテレビや照明を操作、2019年導入予定

客室タブレットサービス「crotta」全国販売開始

客室設置型タブレットを周辺飲食店と連携、デリバリー注文可能に

 

関連記事