ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > STAYの新ブランド「住亭(ステイ)」が京都に初出店

STAYの新ブランド「住亭(ステイ)」が京都に初出店

投稿日 : 2018.12.13

京都府

新規ホテル情報

TRASTAは、インバウンド向けホテル「STAY」の新ブランド「住亭(読み方:ステイ)」を初店舗として住亭 SHIJO KARASUMA」「住亭 MARUTAMACHI」 の2店舗を京都の御影町・大炊町に日本文化を凝縮しリデザインした新しい旅館風ホテルブランドとして2019年6月に同時オープンする。

出典:住亭 MARUTAMACHI

日本的な情緒を随所で感じ住むように泊まれる住亭

住亭のコンセプトは、日本的な情緒を随所で感じ住むように泊まれる。

STAYが新しく定義した「上質で純な日本文化」という基準にしたがい、選りすぐったサービス、建築・内装デザイン、小物やアメニティをホテル内に散りばめ、その世界観をゲストに“体験”してもらうホテルブランド。

「日本特有のおもてなし精神に基づいた接客サービス」「自然素材を用いた和の内装デザイン」「日本各地で永く愛され洗練されてきた小物やアメニティ」を用意し、顧客に特別な体験を提供する。

住亭 SHIJO KARASUMA

京都市営地下鉄烏丸線「四条駅」より徒歩8分。静かな住宅街にふと現れる青いのれんが目印の「住亭 SHIJO KARASUMA」(京都市下京区新町通高辻下ル御影町)は、昔ながらの商店に囲まれ目の前には着物屋が店を構える場所に所在。

中心市街に近く、東本願寺や祇園エリアや嵐山など各観光スポットへアクセスの良い立地。客室はカップル、グループ、ファミリーなど複数名での旅行に最適。

地上5階全20室の客室は2名から4名まで宿泊できる個室を用意。

ツインタイプの部屋は和風モダンの部屋にベッドを用意。ファミリータイプは布団とベッドの両方を兼ね揃えたミックスタイプ。訪日外国人に「布団を敷く」という文化を体験してもらうことが目的。日本の和がもつ質感、やわらかさ、安らぎを上質に表現した客室。インテリアには和の心地よさを感じる障子や照明を取り入れた。

客室料金ツイン16,000円~、ファミリー26,000円~(料金は変動する可能性あり)。

住亭 MARUTAMACHI

京都市営地下鉄烏丸線「丸太町駅」より徒歩6分。京都御所から徒歩15分に佇むこぢんまりとした「住亭 MARUTAMACHI」(京都府京都市中京区新町通丸太町下ル大炊町)が所在。

お忍び感漂う高級料亭が多数ある場所に所在しながらも、ホテル目の前には昔ながらの銭湯が佇み古き良き日本の昔を垣間見ることができる。

地上3階全12室の客室は2名から4名まで宿泊できる個室を用意。

全客室和風モダンをベースにワンランク上の大人なホテルを目指し全室にベッドを装備。定員4名まで宿泊でき、ファミリータイプは団欒が楽しめるテーブル・イスを揃えた。静寂に包まれた大人な町、丸太町で快適で落ち着いた滞在を約束。デザインは日本建築を尊重しつつモダンにアレンジ、居間と寝室を襖で区切りした。

客室料金ツイン16,000円~、ファミリー26,000円~(変動する可能性あり)。

部屋は両ホテル共にツイン、ファミリーの2タイプ。

「住亭 SHIJO KARASUMA」の客室広さはツイン 20.68平米~、ファミリー 42平米~、和室の布団タイプを用意。「住亭 MARUTAMACHI」はツイン21.46平米~、ファミリー37.82平米~、和とモダンを融合した全客室ベッドタイプとなっている。

【合わせて読みたい】

大阪・中崎「STAY Vintage NAKAZAKI」2019年6月開業

日本初!ジェスチャーでテレビや照明を操作、2019年導入予定

関連記事