ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > スペースデザイン、民泊×マンスリーのハイブリット運営

スペースデザイン、民泊×マンスリーのハイブリット運営

投稿日 : 2019.02.05

東京都

バケーションレンタル

スペースデザインは、この度、 2018年11月に民泊運営を開始したビュロー渋谷に続き、「ビュロー高輪」の住宅宿泊事業法(民泊新法)を活用した賃貸と民泊のハイブリット運営を2月1日より開始。従来の最短1カ月からの賃貸借契約及び、民泊として1泊からの宿泊も可能となる。

1カ月の賃貸借契約、民泊で1泊の宿泊も可能

ビュロー高輪で民泊運営を開始する部屋数は全35戸 (2019年2月現在)。
室内には、家具・家電・調理用具等はもちろん、Wi-Fi・CATV・固定電話等の従来のBUREAUサービスアパートメントとしての設備も備える。

また、この度ソファーベッドを導入することにより2名~4名のグループサイズの顧客の宿泊も可能となった。

これにより、民泊を利用したサービスアパートメントに泊まるという「新しい宿泊スタイル」を提案する。

【BUREAU高輪 施設概要
所在地 :東京都港区高輪4丁目6番10号 (JR品川駅「高輪」徒歩約6分)
部屋タイプ:Studio、1BR(1DK/1LDK)計14タイプ
運営:株式会社スペースデザイン

スペースデザインは、国内のサービスアパートメント事業においてパイオニアである運営経験を活かし、住宅宿泊事業法(民泊新法)の活用によるハイブリット運営に取り組む事で、更なるバリューアップをはかる。

出典:スペースデザイン

【合わせて読みたい】

スペースデザイン「ビュロー渋谷」2018年11月より民泊開始

「ザ ロイヤルパーク キャンバス 銀座8」2019年3月20日開業

関連記事