ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ソラシドエア、鹿児島-中部(名古屋)線を新規就航

ソラシドエア、鹿児島-中部(名古屋)線を新規就航

投稿日 : 2018.10.29

愛知県

鹿児島県

ホテル関連ニュース

ソラシドエアは、2018年10月28日(日)から、新たに鹿児島-中部(名古屋)線を就航した。従来の九州を拠点とした東京・沖縄を結ぶネットワークに、鹿児島から初の就航地となる名古屋への路線を加え、11路線となり、さらに名古屋(中部)-沖縄(那覇)線を増便し、毎日74便運航となった。

出典:ソラシドエア

名古屋からの九州・沖縄ネットワークが拡大

新規就航路線及び就航便数は、鹿児島-名古屋(中部)2往復4便/日。

また、名古屋(中部)-沖縄(那覇)2往復4便/日が合わせて増便された。
運航機材は、Boeing737-800型機(174席)。

就航を記念して、鹿児島空港・中部国際空港では地元の関係者が参列し、記念行事が執り行われた。

メトロエンジンリサーチによると、明治維新150周年の今年、NHK大河ドラマ「西郷どん」の舞台ともなっている鹿児島市では、新たに宿泊施設が3施設開業する予定で、部屋数にして1,128の増加が見込まれている。

新たに開業を予定する施設には「シェラトン鹿児島」(223室)の2022年開業が含まれ、同市へのホテル展開には関心が高まっている。

また、名古屋市ではリニア開業に向けて新規開業ラッシュとなっており、同路線の新規就航や増便がさらにこれを後押しすることになりそうだ。

【合わせて読みたい】

札幌市の空路便の推移にみる外国人宿泊者数の動向

エボラブルアジアがベトナムLCC「ベトジェット」とOTA契約を締結ー11月からの関空・ハノイ間の定期便就航に向けて

【ホテル開発ランキング】愛知エリア新規ホテル開発ランキング

環境省が国立公園への訪日客誘致で官民パートナーシップー霧島錦江湾国立公園、鹿児島市ホテル出店状況

ユネスコ世界自然遺産候補「奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島」ー奄美市のホテル出店状況

関連記事