ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ソーシャルホステル「シンプレスト函館」2020年3月1日開業

ソーシャルホステル「シンプレスト函館」2020年3月1日開業

投稿日 : 2020.01.28

北海道

新規ホテル情報

ワールドリゾートオペレーションが運営・管理する「シンプレスト函館」(北海道函館市富岡町3-19-9)は、2020年3月1日に、『Stay Simple,Rest Local』をコンセプトに、函館のライフスタイルを体験できる、人と人、地域と旅行者を繋ぐソーシャルホステルとして開業する。

人と人を繋ぐ地域密着型『Stay Simple,Rest Local』

出典:WRO

同施設は、函館の富岡町に位置する全32室、ドミトリー10床を完備したソーシャルホステル。
-Stay Simple- シンプルな滞在と、-Rest Local- 地元(函館)での心休まる時間・体験の2面性を持ち合わせているという。

シンプルな価格設定、洗練されたシンプルなデザイン、スマートな自動チェックイン・チェックアウトなど、宿泊は最小限のシンプルさにこだわり、ただ宿泊するだけではなく、地域の方を招いて開催する体験イベントやシェアスペースでの旅行者同士での交流など、旅先での新しい出会いに価値を感じられるホステルを目指しているとのこと。

出典:WRO

【シンプレスト函館 概要】
所在地:北海道函館市富岡町3-19-9
客室数:32室/ドミトリー10床 

収容人数:80名
館内設備:カフェ、シェアスペース、ランドリー
アクセス:函館空港から車で20分/函館駅から車で15分/亀田支所前バス停より徒歩3分

出典:WRO

北海道函館市ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、函館市には宿泊施設が171、部屋数にして9,500が提供されている。

新規開業予定は4施設、部屋数にして860室が新たに供給される見込み。

客室数トップ10は以下の通り。

出典:メトロエンジンリサーチ

【合わせて読みたい】

「ユニゾインエクスプレス函館駅前」12月9日(月)開業

北海道ホテル開発ランキング(2019年8月現在)

北海道ホテル展開状況(2019年7月現在)

WRO、奥日光「ホテル湖畔亭」取得、2020年春新装開業

WRO、箱根風雅「離れ Miyabi邸」2019年3月8日開業

関連記事