ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 渋谷区がグーグルと2020年デジタル観光戦略

渋谷区がグーグルと2020年デジタル観光戦略

投稿日 : 2020.01.28

東京都

インバウンド

一般財団法人渋谷区観光協会は、昨日1月27日(月)に渋谷区役所にて、2020年以降のデジタル観光戦略を渋谷区と共に発表した。このプロジェクトの最初の取り組みとして、東京オリンピック・パラリンピック大会に向けた観光のデジタル化、多言語対応をGoogleの技術協力を受け推進する。

デジタルマップや多言語案内など新観光プロジェクト推進

出典:渋谷区観光協会

Googleマップと二次元バーコードでおすすめ場所やルートを案内し、区内各所にポスターやステッカーなどを掲出し、二次元バーコードの読み取りでテーマに沿った案内を実現。

また、有人観光案内所において、Google アシスタント 搭載のスマートディスプレイ Google Nest Hub を Google  協力のもと設置し、リアルタイム通訳が可能なビジネス向けの通訳モード機能を活用した多言語対応を促進する。

1月27日(月)より、以下3箇所の観光案内所にて試験運用を開始した。

・クリエーションスクエアしぶや(渋谷マークシティ内)
・青ガエル観光案内所
・東急不動産株式会社と連携し、2019年12月にオープンした「渋谷フクラス」 1階の観光支援施設「shibuya-san tourist information & art center」

今後渋谷区が目指す、2020年以降の産業観光政策ビジョン策定に向け、観光客や地域住民の双方にとって快適な時間と経験をもたらせるよう、テクノロジー観光戦略を実装していくという。

【合わせて読みたい】

公園×商業×ホテル「MIYASHITA PARK」2020年6月開業

東京観光財団「デジタル化による観光産業の行方」

ドンキ/ホテル開発でインバウンド需要の囲い込みへ【後編】

ドンキ/ホテル開発でインバウンド需要の囲い込みへ【前編】

ドン・キホーテが渋谷区道元坂で大規模開発計画

英語ガイドマップ『渋谷でしかできない101のこと』第10版

関連記事