ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > シェラトンがロゴを一新

シェラトンがロゴを一新

投稿日 : 2019.03.14

指定なし

ホテル関連ニュース

マリオット・インターナショナルが展開するブランドの中でも世界的に最も知られているブランドのひとつ、シェラトンホテル&リゾートは、ブランドの過去の歴史に敬意を払いながらも将来へのビジョンを描いた新しいロゴを発表した。

本年4月より、各ホテルの印刷物やウェブサイトにて、新しいロゴが掲載される。

ブランドの長きにわたる歴史を思い出せるよう、新しいロゴの中心には、アイコニックなシェラトンの“S”が配置されている。新しいロゴは、シェラトンの歴史を振り返りながらも、将来へと目を向けるように再デザインされた。この新ロゴでは、象徴的な月桂樹の葉が、世界からの動きや集いのエネルギーとして表現されており、中心に描かれている現代的なシェラトンの“S”へと導く。

新しいデザインは未来へ向けたブランドのホリスティックなビジョンを反映しており、シェラトンを世界中のコミュニティが集う中心地にし、ゲストや地元の人々をモダンな街の広場のような雰囲気を醸す公共の空間へと歓迎するものだという。

マリオット・インターナショナルのクラシックプレミアムブランド グローバルブランドマーケティング ヴァイスプレジデント、マラ・ハヌラ氏のコメントは以下の通り。

「ロゴの進化は、一新されたエネルギーや、当社のオーナー及びゲストの方々に対する、アイコニックなこのブランドの復活への確固たるコミットメントを反映しています。これは単なるロゴではなく、新たなゲストエクスペリエンスに対するシェラトンのビジョンの象徴的な声明なのです。そして新たなロゴは、現代的なデザインと雰囲気を合わせ持った、ブランド再設計というパズルの最後のピースであり、以前のロゴが持っていたパワフルな公平感や知名度を保ちつつ、再考されたシェラトンの空間にマッチしています」

シェラトンホテル&リゾート ヴァイスプレジデント兼グローバルブランドリーダー、インディ・アデノ―氏は以下のコメントを寄せた。

「ブランドの新たな方向性にはかなりの熱意が込められ、オーナーの皆様はこの変化をとても楽しみにされています。フェニックスからトロントやテルアビブ、そしてフィジーまで、世界中で3割のシェラトンのホテルが、何らかの形でリノベーションを行っています。それが完全なる生まれ変わりでも、一部のみの生まれ変わりであっても、ゲストが目にするものに喜びを感じるであろうと確信しています」

【合わせて読みたい】

マリオット、2019年世界30軒以上ラグジュアリーホテル開業

ウェスティン、東京マラソンとオフィシャルパートナーシップ

マリオットがマンチェスター・ユナイテッドとのパートナーシップを発表

「フェアフィールド・バイ・マリオット」2020年夏開業

関連記事