ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「瀬戸内リトリート青凪 文化音楽芸術祭」10月12-14日開催

「瀬戸内リトリート青凪 文化音楽芸術祭」10月12-14日開催

投稿日 : 2019.09.03

愛媛県

ホテル関連ニュース

温故知新が運営するホテル「瀬戸内リトリート青凪」は、地元を中心に全国からさまざまな分野で活躍するアーティストを集め、クラウドファンディングでの支援や愛媛県や松山市の後援を受け「瀬戸内リトリート青凪 文化音楽芸術祭」を、2019年10月12日~14日までの3日間開催する。

 安藤忠雄建築の愛媛の元美術館ホテルで芸術祭

出典:瀬戸内リトリート青凪

「瀬戸内リトリート青凪 文化音楽芸術祭」は、愛媛松山を拠点に発信する、「文化・音楽・芸術」の祭典。

地元アーティストを中心に、ライブペイント、空間インスタレーション、音楽ライブ、キッズワークショップ、トークショー、映像、絵画、舞踊、映画、サイクリングに至るまで、様々なコンテンツを用意。

3日間に渡るイベントを通して、地元と全国から集まるアーティストとの交流や、文化人が織りなす非日常空間を楽しめるという。

【同イベント 概要】

名称:「瀬戸内リトリート青凪文化音楽芸術祭」

開催日時:2019年10月12日(土)~14日(月) 14:00~22:00

開催場所:瀬戸内リトリート青凪(愛媛県松山市柳谷町794-1)

参加費:前売り2,500円/当日3,000円 (13歳未満の子ども入場無料)

参加アーティスト(一例):能勢伊勢雄、宇川直宏、寺尾紗穂、伊賀航、矢部直、suiko、能勢聖紅、渡邊和三郎、宮脇慎太郎、86B210、宮澤崇史、YAMA、ミナクマリ、清水ひろたか、小野 豊、 pAradice、GEEE、DJ KENNTA、The Human & Assets、Ginji Kimura、Fragrantriver、極楽shanti

主催:瀬戸内リトリート青凪

後援:愛媛県、松山市、南海放送、愛媛新聞社、テレビ愛媛、愛媛CATV、愛媛朝日テレビ、FM愛媛、あいテレビ

協力:STROKE

出典:瀬戸内リトリート青凪

【同ホテル 概要】

瀬戸内リトリート青凪は、安藤忠雄が建築・設計を手がけた「エリエール美術館」を改装し、2015年に開業を迎えた。

7室全スイートルームのミニマルラグジュアリーのホテル。昨年、「ミシュランガイド広島・愛媛2018特別版」において、5レッドパビリオン、豪華で最高級であるホテルとして紹介された。

総支配人:吉成太一

所在地:愛媛県松山市柳谷町794-1

部屋数:7室(全室スイート)

料金:1泊2食付一人47,250円~(消費税、入湯税別)

アクセス:松山空港から車で50分/JR「松山駅」から車で35分、松山ICより40分/しまなみ海道今治より北条R196経由70分

出典:瀬戸内リトリート青凪

【合わせて読みたい】

瀬戸内リトリート青凪「cycling light」展

欧米有力旅行雑誌で “SETOUCHI”が続々ランクイン

せとうちDMOが庄原市と包括連携、古民家宿泊施設を開発

せとうちDMO、香川県宇多津町の宿泊交流拠点新設を支援

関連記事