ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > セガサミー、横浜での統合型リゾート実現に向け戦略提携

セガサミー、横浜での統合型リゾート実現に向け戦略提携

投稿日 : 2020.01.31

神奈川県

インバウンド

セガサミーは、日本・横浜における統合型リゾート(IR)事業参入に向け、英Foster+Partners、京都吉兆、マーケター 森岡毅氏率いる刀と提携した。IR事業への参入表明は日本企業としては初となる。

IR事業への参入表明は日本企業としては初

セガサミーグループは、世界的ゲームメーカーであるセガを始めとして世界に50社を超える企業を有する総合エンタテインメント企業グループ。ゲーム、遊技機、アミューズメントマシン、トイの開発・販売からアニメーション制作、そしてリゾート施設の開発・運営に至るまでエンタテインメント領域において幅広いビジネスを手掛ける。

2017年4月に開業した韓国初のIR施設「パラダイスシティ」はセガサミーが韓国のカジノ運営大手のパラダイスグループと合弁で進めている事業。

セガサミーが横浜に実現するIRのコンセプトは、「持続的に成功するIR」。IRが重心となって世界の旅行者を横浜市に「集め」、市域内の拠点へ「つなぎ」、さらには市域内で滞在するよう「とどめる」こと。

地域社会・市民・地元企業と共存共栄し、地域全体で魅力を創っていくことで、横浜市が世界の観光客から選ばれる日本有数の滞在型目的地となるために都市ブランドの形成に貢献していくという。

セガサミーと、世界を代表する建築家の一人として知られるノーマン・フォスター氏率いるFoster + Partners社は、戦略的業務提携を締結し、共同でIR事業における取り組みを推進。

同戦略的業務提携は、エンタテインメント業界において多くの知見とノウハウを持つセガサミーと、これまで建築の世界において数多くの革新的な取り組みを続けてきたFoster + Partnersの両者の強みを共有し、協業することにより、IRにおける新たな価値を創造することを目的としているという。

また、最高峰の日本料理として評価を受けている京都吉兆 嵐山本店等を展開する株式会社京都吉兆とプロデュース契約を締結。同契約締結により、今後、日本で展開するIR施設において、本格料亭旅館の企画、開発を共同で進めていくという。

さらに、日本を代表するマーケター 森岡毅氏率いる株式会社刀と協業。両社は戦略的パートナーとして、候補エリアである横浜におけるIRの実現に向け、日本型IRの事業プラン設計・構築に取り組む。

森岡氏は、経営危機にあったユニバーサル・スタジオ・ジャパンのV字回復の立役者として広く知られる日本を代表するマーケター・戦略家。

セガサミーは、日本の経済活性化や観光業における国際競争力の強化に寄与すべく、エンタテインメント事業で培ってきた知見やノウハウを最大限駆使し、世界に誇れるIR施設の実現に向けて、挑戦を続けていく方針。

【合わせて読みたい】

ウィン・リゾーツ、日本での“都市型IR”を目指し、横浜に拠点

ラスベガス・サンズ、IR事業で東京と横浜に焦点、大阪を回避

メルコ、横浜IR実現へ新アンバサダーに大坂なおみ氏を起用

メルコ、日本でのIR実現に向けて「横浜ファースト」戦略発表

関連記事