ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > リゾナーレ八ヶ岳「花咲くリゾナーレ2019」

リゾナーレ八ヶ岳「花咲くリゾナーレ2019」

投稿日 : 2019.01.25

長野県

ホテル関連ニュース

「星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳」では、 2019年4月27日~5月6日、5月11日~26日の2部構成で「花咲くリゾナーレ2019」を開催。花咲くリゾナーレは、春の訪れを祝う毎年恒例のイベントとして2005年からスタートし、2019年で15回目を迎える。

出典:星野リゾート

地上から頭上に広がる「花畳の回廊」

ホテルのメインストリート「ピーマン通り」には、チューリップの花びらを敷き詰めた「花畳の回廊」や八ヶ岳で育った花を使う「花苗の回廊」に加え、新たに花をモチーフにした頭上装飾が登場し、花に囲まれた時間を過ごすことができる。

また、ホテル内のプール「il mare(イルマーレ)」やビュッフェ&グリルレストラン「YYgrill」にも花が咲き、館内のいたるところで春を感じることができる。

第1部では、全長150mのピーマン通りに、チューリップの花びらを敷き詰めた花畳の回廊と、通りのシンボル「ベリーニタワー」を彩る「フラワーフォール」、そして今回新たに登場する華やかな頭上装飾が広がり、地上から頭上まで花の咲き誇る街並みを楽しめる。

チューリップでつくる花畳の回廊のデザインは、「訪れるゲストと共に八ヶ岳の春の訪れを祝いたい」という想いを込め、地元の高校生が担う。

また、花畳の回廊の花びらには、蕾のうちに花をカットし廃棄されてしまう球根栽培用のチューリップを使う。新潟県や富山県の球根生産者の人々の賛同を得て、15年に渡り続けることができている取り組み。

うららかな春の時間を過ごす「お花見ピクニック」

5月の八ヶ岳エリアはさわやかな風が吹き渡る。第2部では、八ヶ岳で育った約5,000株の花でつくる花苗の回廊が登場し、まるで花畑の中にいるような気分で花見ピクニックを楽しめる。

ピーマン通りの「キッチンカー」からピクニックバスケットを持ち運び、ピーマン通りの飲食店で販売する、ワインに合うフードやサンドイッチなどのピクニックメニューを自由に詰め込める。

フードを選び終わったらキッチンカーに戻ってワインを選び、花を眺めながらのんびりと、うららかな春の時が流れる街並みでピクニックを楽しめる。

時間:キッチンカー 12:00~15:00/ピーマン通り飲食店は店舗により異なる

料金:グラスワイン 500円~/フードメニューは店舗により異なる

そのほか、海に浮かぶフォトジェニックな絶景「花咲くイルマーレ」、彩り豊かなランチが楽しめる「春のお花畑ビュッフェ」、花の香りになぞらえて学ぶ「ワインの学校」、花に縁のあるワイナリーを招く「メーカーズディナー」なども合わせて開催される。

出典:星野リゾート

【「花咲くリゾナーレ2019」概要】
期間:第1部 2019年4月27日~5月6日、第2部 5月11日~26日
料金:入場無料
対象:宿泊・日帰り共に利用可

【星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳 概要】
建築界の巨匠マリオ・ベリーニが手掛けたデザインホテル。ホテルのメインストリートには、19店舗のセレクトショップが立ち並び、波の出る屋内プールや、本格的イタリア料理のメインダイニングなどを備えている。
所在地:山梨県北杜市小淵沢町129-1

客室数:172室

【合わせて読みたい】

リゾナーレ八ヶ岳、ロゼワインを楽しみつくす「ロゼタウン」

星野リゾート リゾナーレ八ヶ岳「ワインスイートメゾネット」

星野リゾート・リゾナーレ八ヶ岳にミニゲレンデ誕生

関連記事