ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 「ホテルリソルトリニティ大阪」2020年7月1日開業

「ホテルリソルトリニティ大阪」2020年7月1日開業

投稿日 : 2019.11.22

大阪府

新規ホテル情報

リソルグループのリソルホテル株式会社は「ホテルリソルトリニティ大阪」(大阪府大阪市中央区高麗橋2丁目6-7、221室)を2020年7月1日に開業を予定している。

大阪エリア初出店「歴史を紡ぐホテルへ」

出典:リソルグループ

リソルグループのホテルとして大阪エリア初出店となる「ホテルリソルトリニティ大阪」は、大和ハウス工業株式会社が総合企画から建築までを手がけ、竣工後は「くつろぎを、デザインする。」を統一コンセプトに“ホテルリソル”ブランドを展開するリソルホテル株式会社が運営(同ブランド17店舗目、地上13階・221室)。

立地は、懐石料理や和食店を運営する吉兆グループの旗艦店である高級料亭「高麗橋吉兆本店」の再開発地(同一敷地内)で、大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋」駅、堺筋線「北浜」駅より徒歩4分、京阪本線「淀屋橋」「北浜」各駅より徒歩4分と至便。関西圏屈指のオフィスエリアに位置するためビジネス利用に最適なのはもちろん、新大阪駅・関西空港へのアクセスがよく観光利用にも大変便利な場所となる。

ホテルのコンセプトは「歴史を紡ぐホテルへ」。大阪・淀屋橋の土地で紡がれてきた「上質なおもてなしの心と品格・大切に引き継がれてきた伝統」と、「これから生み出される新たな歴史」が緩やかに調和し響き合う、この土地のここにしかない特別な「くつろぎ」空間を提供。

館内は、自宅のようにくつろげる居心地の良い「リビングロビー」、湯船から坪庭を眺めながらゆったりと旅の疲れを癒す宿泊者専用大浴場、日本伝統の美を細部にまでこだわり文化と新たな歴史が調和した客室(モダレット・ツインベッドルーム中心)など、オーセンティックな空間を演出。“ホテルリソル”ブランドのワンランク上の“ホテルリソルトリニティ”シリーズとして、上質なくつろぎの時間を過ごせるという。

【同施設 概要】

所在地:大阪府大阪市中央区高麗橋2丁目6-7

アクセス:東海道山陽新幹線「新大阪駅」より大阪メトロ経由で12分、大阪メトロ御堂筋線「淀屋橋駅」より徒歩4分、大阪メトロ堺筋線「北浜駅」より徒歩4分、京阪本線「淀屋橋駅」より徒歩4分

客室数:221室[モダレット(セミダブル)68室/ダブル36室/ツイン117室]

大阪府大阪市中央区ホテル展開状況

メトロエンジンリサーチによると、大阪市中央区には宿泊施設が396施設、部屋数にして36,838室が提供されている。

新規開業予定は23施設、部屋数にして4,565室が新たに供給される見込み。

同社では、同ホテルの開業直前に、「ホテルリソル上野」 を2020年6月に開業する予定。

【合わせて読みたい】

「リソルポシュテル東京浅草」2020年1月22日開業

「リソルキャビン東京浅草(仮)」2020年1月開業

リソル「ペット&スパホテル伊豆ワン」 2019年7月16日開業

リソル「ペット&スパホテル伊豆高原」 2019年4月1日開業

関連記事