ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > ピーターラビットオフィシャルカフェが横浜ハンマーヘッドに開業

ピーターラビットオフィシャルカフェが横浜ハンマーヘッドに開業

投稿日 : 2019.06.12

神奈川県

ホテル関連ニュース

ソニー・クリエイティブプロダクツは、株式会社ラケルと2015年カフェ事業のライセンス契約を締結し、2015年3月「ピーターラビット(TM)ガーデンカフェ 自由が丘」を開業。この度オフィシャルカフェ2号店となる「ピーターラビット(TM)カフェ 横浜ハンマーヘッド店」を2019年10月に開業する。

横浜ハンマーヘッドは、新港ふ頭客船ターミナル株式会社が横浜市と公民連携して推進する、客船ターミナル施設(CIQ施設)を中核に、「食」をテーマとした体験・体感型の商業施設と、埠頭という希少な立地特性を活かしたホテル「インターコンチネンタル横浜Pier 8」からなる複合施設。

商業施設については開業を2019年10月とし、商業施設名称が『ハンマーヘッド SHOP & RESTAURANT(HAMMERHEAD SHOP & RESTAURANT)』に決定した。

1914年に横浜港に竣工した英国製“50トンハンマーヘッドクレーン”が施設名称の基になっている。商業施設は、新業態・初出店含め、厳選された25店舗のテナントが入居予定。

「ピーターラビット(TM)ガーデンカフェ 自由が丘」がピーターラビットの絵本シリーズが生まれた英国湖水地方をイメージしている一方で、「ピーターラビット(TM)カフェ 横浜ハンマーヘッド店」はロンドンを意識したテイストをプラスすることで、新しいピーターラビットの世界観を演出。

ピーターの大好きな新鮮な野菜や季節の果実を豊富に使用したブッフェコーナーの他に、絵本やキャラクターからインスパイアされた横浜ハンマーヘッド店オリジナルメニューはもちろんのこと、英国由来のメニューも多数用意する。

店舗の一角には、初の出店業態となる「ピーターラビット(TM)クレープリー」が隣接される。絵本の世界観を表現したフォトジェニックなクレープやソフトクリーム、ドリンクをテイクアウトで提供することで、店舗の外でも気軽に楽しめる。

【合わせて読みたい】

「インターコンチネンタル横浜Pier 8」2019年11月開業

横浜フランス月間が本日6月7日からスタートー新客船ターミナルとホテルの開業を控える開港の地

みなとみらい21地区玄関口に進出「ホテルリソル横浜桜木町」4月25日開業

「ホテルリソル横浜桜木町」2019年4月25日開業

神奈川県ホテル開発ランキング(2019年1月現在)

関連記事