ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル関連ニュース

  • 東横INN西鉄久留米駅東口が新型コロナ軽症者受け入れ

    東横INN西鉄久留米駅東口は、福岡県の要請に応じて、新型コロナウィルスの軽症・無症状の感染者が宿泊療養する施設として、本日4月27日よりホテルの一棟貸し出しを行う。

  • 東京都、テレワーク促進に宿泊施設利用拡大支援事業開始

    東京都では、「STAY HOME週間」の取組の一環として、住居地付近でテレワークの場を提供する宿泊施設と、その利用を希望する都内事業者をマッチングし、都心等勤務地への移動を減らすとともに、宿泊施設の利用拡大を図る取組を開始する。

  • WBFホテル&リゾーツが倒産、負債総額160億円、新型コロナ関連最大規模

    WBFホテル&リゾーツ(株)(大阪市北区豊崎3-14-9、設立2009年12月1日、資本金600万円、従業員1,04名)は本日4月27日、大阪地裁に民事再生法の適用を申請し同日、監督命令を受けた。負債総額は債権者575名に対して約160億円。

  • ファーストキャビンが東京地裁に破産手続き開始の申し立て

    ファーストキャビン及びその⼦会社4社(株式会社ファーストキャビン開発、株式会社ファーストキャビン京都三条、株式会社ファーストキャビン京都嵐⼭及び株式会社ファーストキャビン柏の葉)は、4月24日に東京地⽅裁判所に破産⼿続開始の申⽴てを⾏った。

  • OYO LIFE、医療従事者50名に部屋を無償提供

    OYO LIFEは、新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、最前線で対応に追われる医療従事者と、コロナ禍におけるさまざまな事情により、急遽一時的な部屋を、対面で手続きすることなく確保したい人を対象とした、支援策「コロナ対策支援(#大切な人を守ろう)」を本日4月24日(金)より開始。

  • ICIホテル浅草橋、医療従事者への宿泊料金無償化

    株式会社JHATは新型コロナウィルスと最前線で闘う医療関係従事者をサポートし、政府が懸念する医療崩壊を防ぐため近隣に医療施設が多くあるICI HOTEL 浅草橋の客室を5月6日まで宿泊料金無償にて提供する。

  • 愛媛・松山「奥道後 壱湯の守」が新型コロナ軽症者受け入れ

    奥道後 壱湯の守(愛媛県松山市末町267、244室)では、愛媛県からの要請を受け、別館カメリヤビレッジ(67室)を新型コロナウイルス感染症の軽症者等の受け入れ施設として提供する。

  • アパホテル石垣島、新型コロナ軽症者受け入れ

    アパホテル〈石垣島〉(沖縄県石垣市八島町1-2-3、89室)は新型コロナウイルス無症状者及び軽症者のホテルでの受け入れについて、沖縄県の要請により一棟借り上げ方式の宿泊療養施設となった。

  • アパ「福島駅前」新型コロナ軽症者受入れ

    アパホテル〈福島駅前〉(362室、福島県福島市太田町8-20)は、新型コロナウイルス無症状者及び軽症者のホテルでの受け入れについて、一棟借り上げ方式により宿泊療養施設となる。

  • 東横インがソウル、ウランバートルでも新型コロナ軽症者受け入れ

    海外

    ホテル関連ニュース

    投稿 : 2020.04.23

    東横インでは、韓国の東横INNソウル江南、モンゴルの東横INNウランバートルにおいても各国の行政の要請に応じ国内と同様の目的でホテルでの受け入れを開始した。