ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

ホテル内レストラン

  • キッチンカーで飲食事業者を応援、松山商工会議所 

    松山商工会議所と松山市は、新型コロナウイルスの感染拡大で苦境に立つ飲食事業者を応援するためテイクアウトを推進する「マツごちキャンペーン」の一環で、同市の市役所本館前広場にキッチンカーが出店し食事を販売。

  • オリックス「まかないレシピ」インスタグラムでリレー公開

    オリックス・ホテルマネジメント株式会社は、同社の事業ブランド「ORIX HOTELS & RESORTS」全12施設の各料理長直伝「まかないレシピ」を、2020年5月14日(木)~5月29日(金)の間に、各公式インスタグラムにてリレー形式で順次公開する。

  • ホテルマイステイズ鹿児島天文館、デリバリー&テイクアウト

    ホテルマイステイズ鹿児島天文館、グリル料理・バーガー&クラフトビール「Nikanbashi Burger Bar」はランチメニューの定番人気バーガーについて、鹿児島市内対象エリア内に在勤・在住者に、自宅やオフィスで楽しめるデリバリーサービスを開始した。

  • 静岡で豆腐製造のトキワサンコウが新型コロナ関連倒産

    豆腐製造業者の(有)トキワサンコウ(静岡県浜松市東区原島町445、設立1999年11月、資本金300万円)は4月2日、静岡地裁浜松支部より破産開始決定を受けた。休校の影響で学校給食向けの売り上げが急減した。

  • 千葉の海産物卸「渡辺水産」が新型コロナ関連倒産

    (有)渡辺水産(千葉県木更津市畔戸1350-28、設立2004年4月、資本金300万円)は4月1日までに事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任した。観光ホテルなどの周辺観光客を対象に集客を図っていたが、新型コロナの感染拡大で飲食店の集客が激減した。

  • 宮城で麺類製造「星栄商店」スポーツ延期でコロナ関連倒産

    (株)星栄商店(宮城県加美郡加美町西町34-1、従業員11名)は、3月31日付で事業を停止、事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。プロサッカーやプロ野球の試合におけるスタジアム内売店などを出店していたが、新型コロナにより開幕が延期、見込んでいた収入がなくなった。

  • 北海道の食料品小売「ムライストアー」が新型コロナ関連倒産

    (有)ムライストアー(北海道松前郡松前町福山48、設立1982年4月、資本金500万円)は4月7日、函館地裁より破産開始決定を受けた。新型コロナウイルスの影響で町内小中学校への給食向けが供給停止となり、先行きの見通しが立たなくなった。

  • 栃木県小山市でケータリングサービスの松田商事が破産

    バラエティケータリングサービス「Rico(リコ)」を提供する(株)松田商事(栃木県小山市萩島197、設立2006年8月、資本金300万円、代表 松田 繁氏)は、4月3日に事業を停止、破産申請を弁護士に一任した。新型コロナ関連倒産。

  • 静岡で居酒屋経営のライフシナジー、新型コロナ関連倒産

    静岡で居酒屋「花蔦鳳月(かちょうふうげつ)」を運営する(有)ライフシナジー(静岡県静岡市清水区向田町12-21、資本金300万円)は帝国データバンクによると3月30日、事業を停止して事後処理を弁護士に一任、自己破産申請の準備に入った。負債総額は約1.6億円。

  • 熊本県で弁当販売「味春」倒産、イベント中止や保育園休園

    (株)味春(熊本市東区長嶺南6-7-61、設立1975年5月、資本金1,000万円)は3月31日までに事業を停止し、破産手続きを弁護士に一任した。