ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > 検索結果

新型コロナウイルス関連

  • ホテル運営のフェリーチェが破産 負債36億円 コロナ禍で沖縄初の大型倒産

    ホテル運営の「株式会社フェリーチェ」は、3月10日付で大阪地方裁判所より破産手続の開始決定を受けたことが明らかになった。新型コロナウイルスによる業況悪化が原因。

  • 北海道、4月2日~30日までの同一エリア内での旅行の最大半額補助を発表

    北海道が「新しい旅のスタイル」事業として、4月2日(金)チェックイン分から30日(金)チェックアウト分まで、道民による道内旅行の補助を発表した。 (出典:北海道観光振興機構公式サイト) 「新しい旅のスタイル」事業では、同居者との旅行・もしくは個人旅行に限定し、同じ地域内の宿泊代金が最大半額割引となる。割引金額は1人1泊あたり1,500〜10,000円。離島の場合は割引額が引き上げられ、2,000〜...

  • 東京都多摩地区のサテライトオフィス 令和3年度対象宿泊施設発表

    新型コロナウイルス感染症拡大を防止する試みとして、東京都では2020年7月より、TOKYOテレワーク・モデルオフィスを多摩地域に開設。宿泊施設の客室を都が確保し、自宅周辺でテレワークを行おうとする人々にサテライトオフィスとして安価で提供する事業を実施している。3月29日、令和3年度の対象宿泊施設が掲載された。

  • 「五感にごちそう金沢宿泊プラン」 北信越5県に対象住民拡大

    金沢市は、独自の旅行割引事業「五感にごちそう金沢宿泊キャンペーン」の対象範囲の拡大を決めた。 「五感にごちそう金沢宿泊キャンペーン」は、地元の食や工芸体験などと組みわせ、市の審査を通った宿泊プランを利用すれば、宿泊料金が最大で1万円の割引となる(6,000円未満は対象外)。ひとり当たりの利用制限はなく、連泊も割引対象となる。石川県独自の県民限定宿泊割引事業とは併用できない。一時停止している「GoT...

  • 京都で町家ホテル運営の「レアル」が民事再生、負債18億円

    京都でホテルやゲストハウスを運営する株式会社レアル(京都市)は、3月25日付で京都地方裁判所へ民事再生法の適用を申請したことが明らかになった。新型コロナウイルス感染拡大によってインバウンド(訪日外国人)の需要が消失し、経営が行き詰まったことが原因。

  • 沖縄県 「ハピトク沖縄クーポン」第2弾を4月1日から発売

    沖縄県はプレミアムが付いた地域共通クーポン事業「ハピ・トク沖縄クーポン」第2弾を2021年4月1日より開始する。使用期限は6月30日で、第1弾のクーポンも同じ日まで使用できる。

  • 香川県「うどん県泊まってかがわ割」6月30日まで延長

  • 松江市初のグランピング施設誕生

    緊急事態宣言は解除されたものの、Go To トラベルキャンペーンはまだ再開の目処が立っていない。しかし新型コロナウイルス感染症拡大により大きな影響を受けている観光事業を盛り上げようと、各地で活性化を目指す取り組みが行われている。 島根県松江市では、松江観光協会により新型コロナウイルス感染症の影響を受けた観光関連事業者の経済支援および再活性化を目指す取り組みとして、ReHappy! キャンペーンが行...

  • 三重県民限定割引「みえ得トラベルクーポン」平日の宿泊利用で割引額アップ

    三重県では、新型コロナウィルス感染症の影響を受けている県内観光産業の再生を図るため、三重県民を対象に「みえ得トラベルクーポン」(宿泊割引クーポン)の発行を始めた。

  • 京都・天橋立の温泉旅館「汐汲苑」が破産手続き 新型コロナによる旅行自粛が追い討ち

    温泉旅館を経営する「株式会社汐汲苑(しおくみえん)」が、京都地裁宮津支部から破産開始決定を受けたことが明らかになったた。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、昨年6月ごろから旅館の営業を停止していた。