ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > OYO Hotels Japan、チーフ・ビジネス・オフィサーに田野崎 亮太氏

OYO Hotels Japan、チーフ・ビジネス・オフィサーに田野崎 亮太氏

投稿日 : 2020.02.23

指定なし

ホテル関連ニュース

OYO Hotels Japan 合同会社は、同社のチーフ・ビジネス・オフィサーに田野崎 亮太氏が就任したことを発表した。

田野崎氏は、チーフ・ビジネス・オフィサー (最高業務責任者)として、OYO Hotels Japanにおけるマーケティング・オフライン営業・OTA (オンライン・トラベル・エージェント)の分野を統括する。

 OYO Hotels & HomesのグループCEO 兼 創業者であるリテシュ・アガルワル(Ritesh Agarwal)氏は次のように述べた。

「田野崎は世界を代表する様々な企業でリーダーシップを発揮し、長年マーケティングやホテル業界を含む経営コンサルティングに携わってきました。特にオンライン業界での豊富な経験、そしてホテル事業に対する強い思いがあり、日本でのOYOのビジネスを拡大してくれるものと確信しております。」

就任に際して田野崎氏は次のように述べた。

「OYO Hotelsが、テクノロジーを活用してホテル業界を変革するという点に大きな可能性を感じております。今、OYO Hotelsには情熱と高い柔軟性を兼ね備えた経営陣やチームメンバーが揃っています。自分にとって関係の深いホテル事業で、強力な仲間と一緒に成長性のあるOYOのビジネスを日本で推進していけることが非常に楽しみです。お客様やホテルのパートナー様、社員ひとりひとりに誠実に向き合って、価値のあるサービスを提供していきたいと考えております。」

また同氏は、海外からの予約による集客力や「OYO OS」と呼ばれる宿泊管理基幹システムに加えてOYOのダイナミックプライシングを強みとしてあげた。

特に中小ホテルや家族経営の施設にとっては、是非利用してもらいたい効果的なシステムであるとし、現状ではデータの蓄積段階だが、データが集まれば集まるほどその精度を高めることができ、他の企業では提供できない価値をOYOが提供できると語った。

[田野崎氏プロフィール
一橋大学卒業。サントリーホールディングス株式会社に入社。その後、12年間に及び複数の企業でホテル再生を含む事業再生、戦略やマーケティングを中心としたコンサルティング業に従事した。また、2015年にFacebook の執行役員として参画し、2016 年からはInstagramにてビジネスを主導した。シカゴ大学ブース・スクール・オブ・ビジネスにてMBAを取得。

【合わせて読みたい】

施設の課題解決へ有効なレベニューマネジメントにおけるAIの活用法とは

OYO Hotels & Homesが前年比4.5倍の収益成長を発表

「OYO LIFE」及び「OYO Hotels」の日本事業初年度総括

OYO Hotels Japan、2020年3月までに新たに100以上のホテルと提携

OYO Hotels Japanが宿泊予約日本語版アプリを開始

OYO Hotels Japan、100軒超のホテル展開で本格始動

OYOのアガルワルCEOがSoftBank World 2019に登壇

関連記事