ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > OYO Hotels Japanが宿泊予約日本語版アプリを開始

OYO Hotels Japanが宿泊予約日本語版アプリを開始

投稿日 : 2019.10.29

指定なし

ホテル関連ニュース

ソフトバンクグループと、ホテルや住居スペースを提供するOYO Hotels & Homesとの合弁事業として、2019年4月に日本展開を開始してから急成長を遂げるOYO Hotels Japanは、顧客向けの日本語版アプリのローンチを発表した。

AndroidとiOS両方のユーザーに対応したアプリを展開

AndroidおよびiOSプラットフォームの両方で利用可能なこのアプリは、日本全国の顧客に、50以上の都市にある100以上のホテルへのシームレスでパーソナライズされた予約体験を提供する。

今回のローンチにより、OYOは、オンラインでの予約体験を日本のユーザーに拡大し、増え続けるインターネットユーザーにリーチすることを目指している。多くの革新的な機能とお得な価格に加えて、ユーザーが英語から日本語に切り替えて、カスタマイズされた上質な予約体験を楽しむことができる「言語の変更」機能を提供する。アプリ以外にも、OYOのウェブサイト、OTA、ウォークイン、モバイル版ウェブサイトを介して、上質な宿泊施設を予約できる。

OYO Hotels&Homesグループ CEO 兼 創設者 リテシュ・アガルワル氏は以下のコメントを述べた。

「先週、日本国内の100を超えるホテルでのサービス開始を発表しました。本日、喜ばしいことに、ボタンをクリックするだけで、ゲストが質の高い宿泊施設を見つけることができるこのお客様向けアプリの日本語版の開始を発表することになりました。」

OYO Hotels Japan合同会社 オペレーティング・パートナー プラスン・チョードリー氏は以下のコメントを寄せた。

「OYOでは、顧客体験が優先事項です。我々は、当社の技術力を活用することにより、シームレスで便利で快適な体験を、ゲストへ提供することに尽くしてきました。 OYO Hotels Japanアプリの開始により、ゲストはご都合の良いときに質の高い宿泊施設を予約できるようになり、全体的な予約体験がさらに向上します。」

OYO Hotels&Homesグループ チーフテクノロジー&製品オフィサー アニール・ゴーエル氏は以下の通り述べた。

「多言語サポートは、ユーザーとのやり取りを簡単かつ便利にすることを目指しています。日本語版のローンチにより、日本のお客様がよりアクセスしやすくなると考えています。」 

現在、グローバルでのアプリはAndroidで4.2、iOSで4.7の評価を受けており、両方のプラットフォームで2,500万回以上ダウンロードされている。 OYO iOSアプリは、旅行カテゴリのトップ5アプリにランクイン。英語と日本語のほかに、多言語サポートはインドネシア語、ベトナム語、アラビア語、ヒンディー語でも利用できる。 

同社は、東京、大阪、京都など50以上の都市にある100以上のホテルへの展開とともに、OYO Hotels Japanのサービス開始を発表したばかり。

【合わせて読みたい】

OYO Hotels Japan、100軒超のホテル展開で本格始動

OYOのアガルワルCEOがSoftBank World 2019に登壇

関連記事