ホテル特化型メディア

眠っていたデータから新たな付加価値を

トップ > OYO Hotels Japan、100軒超のホテル展開で本格始動

OYO Hotels Japan、100軒超のホテル展開で本格始動

投稿日 : 2019.10.23

指定なし

ホテル関連ニュース

インドに本社を置き、ホテル、住居、ワーキングスペースなどを展開、世界的に急成長を遂げているホテルチェーン、OYO Hotels & Homesは本日10月23日OYO Hotels Japanが日本で全国約50カ所、100軒以上のホテルの展開をもって正式に始動したことを発表した。

ソフトバンクグループとの合弁会社として事業をスタート

ソフトバンクグループとのジョイントベンチャーとして2019年4月に合弁会社を設立したOYO Hotels Japanは、この度オペレーティング・パートナーとしてOYOの創設者の一人であり、OYOの数々のグローバルビジネスを成功させてきたプラスン・チョードリー氏を任命したことも併せて発表。

革新的なビジネスモデルとテクノロジーを駆使したオペレーションで、日本や海外からの旅行客に快適で便利な宿泊施設を提供し、“living the good life”を実感してもらうと共に、日本のホテルオーナーにビジネスの機会を提供するという。

東京、大阪、そして京都を始めとした日本全国50カ所以上の都市で100軒以上のホテルが展開される。

OYO Hotels & HomesグループCEO 兼 創業者 リテシュ・アガルワル氏のコメントは以下の通り。

「OYOは、誰もが美しい住空間を手に入れられるべきだという当たり前の理念を元にスタートした会社です。世界第2位のホテルチェーンとして更なる成長を目指し、世界中の32億人の中所得者層の旅行者に満足いただける、すばらしいおもてなしを体験していただきたいと思います。日本で100を超えるホテルを獲得できたことはそのための大きな一歩です。日本ならびに世界中の国々で事業を拡大するため投資を続けていくつもりです。」

OYO Hotels Japan合同会社 オペレーティング・パートナー プラスン・チョードリー氏は以下のように述べた。

「良い品質と美しいデザインを併せ持ち、快適かつ手に届きやすい我々の宿泊施設を日本の皆様や日本を訪れる海外のお客様に提供できることを大変楽しみにしています。わずか半年間で100を超えるホテル展開に到達できたことは大きな成果で、日本でのビジネス拡大を目指す我々の情熱を大いに鼓舞してくれました。質の良いサービスを提供し、ホテル経営者が持続可能なビジネスを展開できるよう支援します。」

2013年に設立されたOYO Hotels & Homesは、ホテルや住宅、ワーキングスペースなどの事業を展開。35,000を超えるホテルと125,000以上の民泊などの多様な形態の宿泊施設、120万室以上を管理運営しており、世界第2位の規模を名乗る巨大ホテルチェーンへと急成長している。

日本での知名度は現在は必ずしも高いとは言えないが、今後大規模な拡張により日本市場での存在感が高まるかどうか注目される。

【合わせて読みたい】

OYOのアガルワルCEOがSoftBank World 2019に登壇

関連記事